証券的債権

売買目的有価証券と満期保有目的債権と社債のルールについて。 今簿記...証券的債権

電子化された有価証券は物権的有価証券ですか?物権、債権という分類がありますが、債権とは目に見えないものですよね。
物の形をとった場合(紙や札)場合には物権的債権になるのですか?すると、電子化されていない紙上の有価証券は物権的有価証券でよろしいでしょうか。
では電子化されていたら物権的ではない債権的有価証券なのですか?なんか変なこといっていますよね。
通常、小切手ですら有価証券は債権そのもののはずだと思ったのですが、よくわからなくなってしまいました。
ご教示よろしくお願いします。

根本的に違ってますよ。
物権の『物』は、物の形をしてるっていう意味じゃないです。
要は、物権というのは法律で決まっているもので、強力で排他的な権利のことです。
物権 = 占有権、抵当権、用益物件(地上権、地役権、永小作権、入会権)、担保物件(留置権、先取特権、質権、抵当権)だけが該当します。
例えば、抵当権付きの土地を別の誰かに売っても、抵当権を行使されたら買った人は土地を取り上げられてしまいます。
このように、いったん設定された物権は、全員に効力があります。
ですが、債権というのは、契約した人の間の約束ですから、他の人には無関係の契約になります。
なので、物権と債権はまったく別のものですから、『物権的債権』というものはありません。

2016/1/17 16:33:50

無記名債権って、具体的にどんな債権ですか?

無記名債権とは、証券面に債権者名を表示しないで、その正当な所持人に弁済すべき証券的債権の事。
持参人払債権ともいう。
手っ取り早く言うと、商品券や、劇場鑑賞券、乗車券など!宝くじの当選券もあったね!

2017/10/9 12:50:16

有価証券って売掛債権ですか?補足解答ありがとうございますでは短期貸付金は売掛金に含まれるのでしょうか?

有価証券は、会社法、金融商品取引法等その根拠となる法律により、微妙に範囲が異なります。
なので、一般論として大雑把に説明すると「価値を有している紙切れ」の事を有価証券と言います。
図書券とか、その紙切れそれ自体に価値があるもののことですね。
ちなみに、誤解なさる方がおおいのですが、売掛金や買掛金等の掛け債権は、○日後払うよという「口約束」の事をいいます。
俗にいう「つけ」の事です。
なので、紙での契約書的なものは発行されないので、有価証券には該当しません。
【補足】いいえ。
短期貸付金は売掛金に含まれません。
短期貸付金は、契約書を用いて、財務活動としてお金を借りる取引から生ずるものです。
ポイントは「営業から生じない(イメージとしては商品を売る取引と関係ない)」という点です。

2010/9/10 18:01:13

証券の基礎的価値(均衡価格)の求め方について例えば、利子率5%のとき、一年後にクーポン5円と額面100円の支払いが約束された利付債の均衡価格はV=(100+5)÷(1+0.05)=100円だと思うのですが、この債権が2年満期で2年後もクーポン5円が支払われる場合の均衡価格はどのようにして求めればいいのでしょうか。
償還される際の額面価格は100円のままです。
どなたかお力添えをお願いいたします。

5÷(1+0.05)+(100+5)÷(1+0.05)^2=100利回りとクーポンレートが同じときは、債券の価格は額面価格に等しくなります。

2017/1/21 14:27:31

金融機関等で宣伝している抵当証券の対象となる不動産とはどのようなものでしょうか。
根抵当権では発行できないそうですが、抵当権と被担保債権を小口で証券化するということは、それなりに大きな不動産になることと思うのですが。

懐かしいですね。
抵当証券。
手数料が掛かるので比較的大きな資産が多かったです。
でも、やろうと思えば、小型不動産を集めても可能です。
意味ないですけど。
今時宣伝なんかしていますか?

2017/1/25 18:27:18

某証券会社の債権売り出しに関する質問です。
発行先=ノルウェー地方金融公社金利:3.6%くらい債権内容:①買ったときの日経225ETFの基準価格の6割以上下落したら、ETFで償還する。
②基準価格の1割上昇していたら、基準価格(円)で早期償還する。
③それ以外は、満期後、基準価格(円)で償還する。
その間は、利息も支払われる。
そこで、疑問に思うのが、どうして、金利を3.6%に設定できるのかです。
日本の銀行ではあり得ません。
教えて下さい。
私は、今の東証株価が8400円としても、その6割すなわち、5040円以下になる確率は、非常に低いと思うので、買いたいと思っているのですが、金利の高さが気になります。
何か裏があるのではないかと考えてしまう。

金融機関につとめております。
あなたが検討している債券ってのはね、オプションを組み込んだ債券なんですよ。
金融機関では属に日経平均連動債とか呼ばれてます。
日経平均が安い今、ってのは実はこの手の債券ってのは爆発的に売れます。
あなたが言うように、5040になる可能性が低いのでね。
損失を被ることが少ないからですね。
発行体のノルウェー地方金融公社ってのはノルウェーが出資をしたりしている、公益的期間なので格付けもすごくたかいですよね。
なので発行体リスクは低いとみてよい。
日本じゃつくりにくいので、金融機関てのはこの手のノルウェーやスウェーデン輸出金融公社とかに債券の組成をオーダーします。
さて、金利についてですが、この債券ってのは単純に、外国債券だから利率が高いという訳ではありません。
225連動するように債券内に仕組みがついた、仕組み債というものです。
オプション取引ってやつを組み込んでいます。
わかりやすく、あなたの仮定である8400円を100%とします。
225が110%9240円になったらあなたは8400円で225を買う権利を相手にうっている訳です。
(取引相手は9240円のときに8400円でかえるのですぐ売ったら利益でますよね) また、逆の60%も同じような取引です。
この二つの取引の権利(リスク)の仕組みの大小に保険料的なプレミアムを受け取ります。
これがクーポンなわけですが、これが3.6%ってわけではありません。
その債券買い付けの手数料ってのはかからないでしょ。
これってかからないってんじゃなくてね、顧客に見えないだけなんですよ。
実はこの保険料つまりプレミアムと言いますがこれがリスクの度合いによって、市場のボラティリティによって大きく動きます。
ちなみにリーマンショックのときとかってのは同様の債券で10%以上でてたんですよ。
このプレミアムからあなたにすすめている金融機関は手数用をとります。
でのこったプレミアムが3.6%ってわけであなたには高い印象ありますが、実は低いんですね。
おそらく最低でもその金融機関は2.5%から4%近い手数料ととっておりますね。
これが日経平均連動債のからくりです。
でもまー今の水準なら正直おすすめしますね。
損する確率より、早期償還する確率のほうが早いので。
で、早期償還したらまた同じような債券に投資させてまた手数料をぬくというのが金融機関のおいしいところです。
ただね、たとえば225が12000とかなら6割が現実的になりますよね。
だから、225の相場によってリスクは考えてくださいね。
ということで、まとめますと別に全然金利は高くないんですよ。
その取引のプレミアムとしては。
ただほかの債券よりはましってだけです。
そしてちなみに、いい商品ではありますよ。
ただ金融機関はその販売であなたと同じ程度、またはそれ以上のクーポンをとっている場合も多々あります。
とくに、実は外資よりも国内の方がその辺の客に見えない手数料の高さはえぐいです、さらに、証券よりも銀行関連のほうがよりえぐいです。
証券は他同業と競争が激しいので公募債券ではそんなに抜けなくなってきてます。
でも銀行ってのはそもそも客がわんさかいますし、その客が投資にくわしくない人が多いので実はえぐいことをしています。
だからリーマン危機で為替スワップやらの取引をして飛んでいる法人ってのは大抵メインバンクの銀行にそういった取引させられて飛んでます。
じつは証券ではそこまでえぐいことしませんというかできません。
客もすこしは頭いいし、証券マンは銀行マンほど市場に無知ではないですからね。
銀行マンは市場には無知が多いのでね。
日本の銀行が証券に比べて客に安心されますが、それは実は大間違いだったりします。
余談でした。
すみません。

2011/9/26 21:32:13

「商業ビルを一棟購入し、その債権を証券化し小分けにして一般の人に売る」とは具体的にどのようにして一般の人に売ることなのでしょうか?こういう話には疎いので分り易くお願いいたします。

金融商品というものです。
リーマンショックの引き金になったサブプライムローンも同じです。
低所得者の住宅ローンを債権化し、世界中に売りさばきました。
リーマンブラザーズは、その債権をたくさん持っていました。

2016/7/9 02:58:16

大和証券で購入したトルコリラの債権が12月で満期になるのですが、大幅に下落しており、円に換えず、トルコリラ建てMMFにして利息をもらい続けたいです。
しかし大和証券にはトルコリラ建てMMFが取り扱いなしです。
そこで、取り扱いのある楽天証券に保管替えしたいのですが可能でしょうか?あるいは他になにか良い方法をご存知でしょうか?ご教示どうぞお願いいたします。

株ならできますが、債券では今の債券を保持したまま変更は無理だと思います。
もちろん既発債は流動的なものですが、個人レベルで売買できるものではない為、株のような証券会社の移管というものができないはずです。
ちなみに、トルコリラのロングポジションをキープしたいなら、満期日と同時に、ヒロセ通商のトルコリラを同じ金額だけ購入してみてはいかがでしょうか?スプレッド分は若干損をしますが、スワップも高く、今のところトルコリラ建てMMFに最も近い代替策かと思います。

2017/11/5 21:06:03

日商簿記1級の基本的な質問ですが売買目的有価証券を発行した側の取引満期保有目的債権を発行した側の取引その他有価証券を発行した側の取引子会社株式を発行した側の取引関連会社株式を発行した側の取引これらの仕訳がなかなか思いつかないです。
満期保有目的債権を発行した側の取引は社債だと思うのですが、社債だと負債だから利息の決定権は満期保有目的債権を所有している側にありますよね?売買目的有価証券、その他有価証券、子会社株式、関連会社株式を発行した側の取引は?って思います。
注記しないといけないかもしれません。
よろしくお願いします。

株式を発行したら、現金 〇〇 / 資本金 〇〇社債を発行したら、現金 〇〇 / 社債 〇〇発行した株式や社債が、引き受け側でどのような扱いになるかで、発行者側の会計処理が変わることはありません。
連結の絡みで、留意しなければならないところが出てくることはありますが、個別上の処理は一切関係ありません。
また、社債は発行者が利息を決めて発行します。
その利息で引き受けてくれる人がいるかどうかです。
余談ながら、「満期保有目的債券」です。
「券」すなわちチケットのことです。
この漢字の書き間違えは、本番で確実にはねられます。
注意しましょう。

2014/11/30 02:26:12

売買目的有価証券と満期保有目的債権と社債のルールについて。
今簿記の過去問の第1問をやっているのですが、金利調整差額について悩んでいます。
まず、売買目的有価証券(売有)と満期保有目的債権(満債)は取得者側、社債は発行者側の考え方だと思います。
それで、それらを途中で売ったり買ったりしたときに、社債の買入償還は償却原価法で金利調整差額を清算するのに、満債はそれをしないですよね?また、利払日の途中とかだと利子を清算しますが、なぜ金利調整差額は期中の売買だと満債では処理されないのでしょうか?私がそんな問題に遭遇していないだけでしょうか?金利調整差額分を期中売買においてどのように扱うのか、社債以外のケースが書かれていなくて、どのように理解すればいいか濃霧に包まれています。
売有、満債、社債の考え方が難しいです。
簿記2級試験における考え方をよろしくお願いします。

>まず、売買目的有価証券(売有)と満期保有目的債権(満債)は取得者側、社債は発行者側の考え方だと思います。
違います。
社債を含めて取得者側の考え方です。
社債というのは、発行者が期限に額面金額を支払うというものです。
取得者が満期まで持つか(満期保有目的債権)、値上がり益を期待して途中で売ることを考えて売るか(売買目的有価証券)だけです。
社債を満期を待たずに売買するということは、満期保有目出来ではなく売買目的になるので、基本的には償却原価法は満期保有目的債権に対するものなので、簿記2級試験では満期保有目的債権を途中売買するというような問題は出ないような気がします。
もしあれば、どの問題か教えてください。
>金利調整差額分を期中売買においてどのように扱うのかそういう問題があったとしても、金利調整差額分を月割計算すればいいだけです。
>社債以外のケースが書かれていなくて、どのように理解すればいいか濃霧に包まれています。
金利調整差額分というのが出てくるのは、基本的に社債以外だと、稀ですが、国債とか公債とかあまりありません。
それ以外の株式では額面金額というのがないので、金利調整差額分というものはないと思います。
納得のいかない点等あれば、追記してください。

2015/2/13 00:58:55

ありがとうございます。ということは、簿記2級では金利調整差額の計算は社債だけと覚えといていいですか?そしたらわかりやすいです。>

-証券的債権

© 2021 昭和は良い時代だったとつくづく思う