証券的債権

マイナンバー制度と預金封鎖について 1946年と違って日本に世界中の人...証券的債権

マイナンバー制度で預金封鎖をするために税と社会保障の公平公正とかデマを流している人間がいるそうですdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015463168...彼らは国賊でしょか?天下りを増やし増税を正当化することを肯定する発言を繰り返しているそうですが有害なだけではありませんか?

マイナンバー制度を導入したり、消費税引き上げの経済環境を作るべく金融緩和をしたりいている現政権を戴いている限りはとんでもないことになりますよ政府税制調査会の歴代会長、あるいは行政改革に取り組もうとした議員の著書を読むと決まって以下のような記述に行き当たります。
「官僚達に行政改革をして借金を真面目に返そうとする意思はほとんど見られない。
20%を超える消費税率の引き上げ、あるいは調整インフレをおこしてモノの値を上げて実質的に国の借金を減らす。
そうなると庶民の生活が苦しくなるのは目に見えている。
日本の将来を閉ざす悪辣な手段である。
それを真剣に官僚もいるのだ」そりゃ、日本の将来を閉ざす手段と言われて当然です。
・日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている・日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。
その一方でふざけた予算要求、天下りや渡りによる役員報酬や退職金など手付かずです。
私の知っている天下りで一番ひどかったのは一度も出勤せず、参与の肩書をもらって法外な役員報酬をもらい1年程度で渡りをした元経済産業省官僚がいました。
このような構造を直さず国民にしわ寄せをかぶせようとしています。
身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。
・調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています・増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています・預金封鎖のような形で財産を没収する。
→マイナンバーで法整備を進めていますこれが続く限り何も手を打たずにアベノミクスは始まったばかりだのそんな言葉を信じている人はひどいことになると思います。
①調整インフレと増税について2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げるちなみに行財政改革を徹底的にやれば国民負担率を50%未満で済ます試算も出ていますが我が身可愛さにこの選択肢は現政権は捨ててしまっています。
この大増税(普通に考えるなら皆財布の紐を固くする)シナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。
増税以外にも金融緩和でお金の価値を落として国民の金融資産毀損は既定路線です。
安倍政権はこの方向に突き進んでいるだけ。
勿論税と社会保障の一体改革なんて出鱈目です。
北欧の高福祉の国は消費税が高い代わりに相続税もなく医療費も無料だったりしますが、安倍政権で医療負担を引き上げ相続税も増税しました。
それに、消費税を社会保障に使うなら(目的税)一般会計ではなく、特定財源にして予算を確保してしかるべきですが未だに一般会計のまま。
予算は確保されず他の税収や予算とまとめて単年で国会議決するので社会保障に回す気がないのは一目瞭然です。
問題はそれだけではありません。
1997年から大蔵省で預金封鎖の計画検討が練られておりマイナンバーはその一環とみなされています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットするマイナンバーってなんで必要だと言われ始めたか?安倍首相、もしくはその取り巻きは以下のような発言をしています。
A~Cは伊藤元重 BDは安倍晋三の言です。
この4つに共通することは マイナンバー制が必要とされていることですA証券税制の大増税と特定口座など源泉徴収をなくした完全申告化(昭和時代はリスク資産である証券税制は非課税でそれが常識でした)B法人税減税と消費税大増税と軽減税率もしくはベーシックインカムC死亡消費税D銀行預金の捕捉(預金金利の所得税は源泉徴収課税であり脱税はできないのになぜ?)要するに、・源泉徴収で脱税の余地のないものをわざわざ脱税の余地を作って不都合を騒ぎ立てる。
・消費税など逆進性の強い税制を持ち込んで弱者を痛めつけておいて不都合を騒ぎ立てる。
・わざわざ資産調べをする必要のある税制を導入する。
など、マイナンバーの必要がないところにわざわざ導入の口実を作るステップを踏んでいるのです。
結局どれをとっても 官僚は安倍政権を後ろ盾にして 円の価値を落とす金融緩和で国債の利払いを減らし国民から借りている借金を目減りさせるとともに、増税やら預金封鎖の布石でマイナンバーやら国民から取り上げることはあっても与えることをしない方針で徹底しています。
マイナンバーが不正防止になる(返信で追記しますがありえません)だのアベノミクスが始まったばかりだの税と社会保障制の一体改革のために消費税増税が必要だの言っている人っておめでたい限りで財産を何もかも失うでしょうね

2017/5/4 14:02:18

天下りなど税金の無駄を増やして国民負担を増やしたい国賊は マイナンバー制度が税と社会保障を公平公正に効率よく進めるためとか嘘をつき平成9年から財務省が預金封鎖を検討をしている事実を隠し目的税では無いため社会保障と関係ない消費税増税に賛成して 国民をいたぶることを考えていますね? 以下指摘通りdetail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015463168...

日本とは、そういう国

2017/9/27 07:55:49

マイナンバー制度は 上流階級や既得権益者以外を搾取の対象にする目的ですか?

マイナンバー制度を導入したり、消費税引き上げの経済環境を作るべく金融緩和をしたりいている現政権を戴いている限りはとんでもないことになりますよ政府税制調査会の歴代会長、あるいは行政改革に取り組もうとした議員の著書を読むと決まって以下のような記述に行き当たります。
「官僚達に行政改革をして借金を真面目に返そうとする意思はほとんど見られない。
20%を超える消費税率の引き上げ、あるいは調整インフレをおこしてモノの値を上げて実質的に国の借金を減らす。
そうなると庶民の生活が苦しくなるのは目に見えている。
日本の将来を閉ざす悪辣な手段である。
それを真剣に官僚もいるのだ」そりゃ、日本の将来を閉ざす手段と言われて当然です。
・日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている・日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。
その一方でふざけた予算要求、天下りや渡りによる役員報酬や退職金など手付かずです。
私の知っている天下りで一番ひどかったのは一度も出勤せず、参与の肩書をもらって法外な役員報酬をもらい1年程度で渡りをした元経済産業省官僚がいました。
このような構造を直さず国民にしわ寄せをかぶせようとしています。
身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。
・調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています・増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています・預金封鎖のような形で財産を没収する。
→マイナンバーで法整備を進めていますこれが続く限り何も手を打たずにアベノミクスは始まったばかりだのそんな言葉を信じている人はひどいことになると思います。
①調整インフレと増税について2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。
・消費税率は段階的増税で 25.5%・基礎年金給付は賃金スライド実施。
報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制)・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく・高齢者医療費は自己負担2割・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げるちなみに行財政改革を徹底的にやれば国民負担率を50%未満で済ます試算も出ていますが我が身可愛さにこの選択肢は現政権は捨ててしまっています。
この大増税(普通に考えるなら皆財布の紐を固くする)シナリオでも名目経済成長率を3.5%と設定しています。
増税以外にも金融緩和でお金の価値を落として国民の金融資産毀損は既定路線です。
安倍政権はこの方向に突き進んでいるだけ。
勿論税と社会保障の一体改革なんて出鱈目です。
北欧の高福祉の国は消費税が高い代わりに相続税もなく医療費も無料だったりしますが、安倍政権で医療負担を引き上げ相続税も増税しました。
それに、消費税を社会保障に使うなら(目的税)一般会計ではなく、特定財源にして予算を確保してしかるべきですが未だに一般会計のまま。
予算は確保されず他の税収や予算とまとめて単年で国会議決するので社会保障に回す気がないのは一目瞭然です。
問題はそれだけではありません。
1997年から大蔵省で預金封鎖の計画検討が練られておりマイナンバーはその一環とみなされています。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...その内容は以下のようなものだったそうです・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。
このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。
・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットするマイナンバーってなんで必要だと言われ始めたか?安倍首相、もしくはその取り巻きは以下のような発言をしています。
A~Cは伊藤元重 BDは安倍晋三の言です。
この4つに共通することは マイナンバー制が必要とされていることですA証券税制の大増税と特定口座など源泉徴収をなくした完全申告化(昭和時代はリスク資産である証券税制は非課税でそれが常識でした)B法人税減税と消費税大増税と軽減税率もしくはベーシックインカムC死亡消費税D銀行預金の捕捉(預金金利の所得税は源泉徴収課税であり脱税はできないのになぜ?)要するに、・源泉徴収で脱税の余地のないものをわざわざ脱税の余地を作って不都合を騒ぎ立てる。
・消費税など逆進性の強い税制を持ち込んで弱者を痛めつけておいて不都合を騒ぎ立てる。
・わざわざ資産調べをする必要のある税制を導入する。
など、マイナンバーの必要がないところにわざわざ導入の口実を作るステップを踏んでいるのです。
結局どれをとっても 官僚は安倍政権を後ろ盾にして 円の価値を落とす金融緩和で国債の利払いを減らし国民から借りている借金を目減りさせるとともに、増税やら預金封鎖の布石でマイナンバーやら国民から取り上げることはあっても与えることをしない方針で徹底しています。
マイナンバーが不正防止になる(返信で追記しますがありえません)だのアベノミクスが始まったばかりだの税と社会保障制の一体改革のために消費税増税が必要だの言っている人っておめでたい限りで財産を何もかも失うでしょうね

2016/10/23 22:31:19

取引先の大手証券会社が、ブルベアか日経連動型の仕組債か新興国債権の勧誘をしつこくしてきます。
もっと、株とかインデックス投信とかシンプルでわかりやすい投資法希望と言っているのに、なんだかんだいって最終的にはこの3つのどれかのパンフレットを持ってきます。
信頼していた営業マンでしたが、だんだんうさんくさくなってきました。
この3つの商品を売ると、営業マンが特をするなにかがあるのでしょうか?

営業マンの意識の中には簡単に申し上げれば、お客様の資金を有効に活用したい意向が働くものです。
高い手数料を頂き結果を出して同じ資金が再度利用出来るのは理想で有るのは当然の思いでしょう。
先ず、昨今は監督官庁から投信の短期売買には厳しいチェックが入るため営業マンの立場から投信販売には二の足を踏みよいになっています。
但しブルベアはご存知のように結果は早くつきます。
しかも商品性から仮に損失でも短期で売却してもお咎めは有りません。
投信の中でブルベアを勧めるのは上記の理由かと推察します。
日経平均連動の仕組み債に付いては、投信なみの販売手数料を頂き早ければ三ヶ月や六ヶ月で早期償還になり同じ資金の回転がきく可能性と販売ノルマが影響していると感じます。
新興国債券の場合には販売手数料に加えて為替手数料を含めたら投信販売の倍以上の手数料となります。
併せて為替差益が出れば投信のように喧しいチェックが有りませんので好んで販売する訳ですね。
基本的には営業マンの都合上で提案しているのは間違い有りませんね。

2014/1/5 09:21:08

無学で前科のある 役所手続きカテゴリのカテマスは有名ですね?detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217987764... yahooに司直の手が入り 両手に手錠がはめられたかららしい(笑)だから こいつの使用している プロバイダが 関西電力100%出資のケイオプティコムだってばれているんですよ。
さて自分のような逮捕歴のある 仕事もしていない引き籠りニートが政治権力があり 日本会議や財務省をねじ伏せることができると本気で思っている精神病であると言うのは事実でしょうか?マイナンバー制度は徴兵制につながる マイナンバー制度は預金封鎖につながる これはあたりまえの常識であり役所 手続きカテのカテマスのような「有名な馬鹿」以外は否定しなくなりました有名な馬鹿とは ネトウヨや全体主義者のことです そして マイナンバー制度が国民に理解されないことが明らかとなっており だからこそ たった8%しか マイナンバーカードの申請がありません●預金封鎖detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416652216...概要1997年から当時の大蔵省で預金封鎖の検討が始まり週刊東洋経済 文芸春秋 月刊現代 読売ウィークリー 日経新聞役員などが暴露して 国会でも2002年に民主党議員の追及で塩爺が認めています。
今の自民党は反知性と言われるネトウヨ「自民党ネトサポ」なるものが工作活動をでしている ・預金封鎖をしたら世界恐慌になる→嘘決定・預金封鎖は超インフレにならないと起きない→嘘決定・マイナンバー制度は脱税防止目的→嘘決定・マイナンバーがなくても預金封鎖ができる→嘘決定●徴兵制 日本会議が 「徴兵制がないのは民主主義の美味しいところをつまみ食い」と主張しています そして 安倍政権の閣僚は日本会議関係者だらけです また 日本会議の提言を採用した政策を安倍政権がしていると 週刊誌記事に書かれています さらに現実を隠蔽しようとしてますます笑いものになっています

2017/11/8 18:42:15

消費税を10%に引き上げるべきと言っている人は ただでさえ悪い景気にとどめを刺せと言っているわけですか? 消費税を増税したからって社会保障になんてなりませんよ、子ども手当上げて喜ばせこっそり医療費を上げてチャラにする消費増税分は海外援助(これすれば賄賂裏金取り放題中身は相手の国がすることだからわからない)防衛費増強、などに使われます、これは選挙の道具でもありそう簡単に切符は切れないのです。
竹下総理時代消費税を上げて社会保障など国民をだまし今では8%も取って竹下の前と今とどちらが社会保障充実しましたか、消費税ない前の方が充実してたでしょう、 金があればあるだけ好きなように使うのが国であり公務員なのです、自分お金でないものがどんどんあれば好きなように使うでしょう、給料や賞与は民間以上自分たちが決めるのですから、昭和40年代ごろまでは給料が安いので公務員になりたい人なんて少なかったのです。

あまりに単純すぎると思います。
竹下時代と比較されていますが、今日、共産党までが増税の必要性を時、消費税の即廃止を無理としている中では、税金の移し替え、無駄の削減だけではやっていけないというのが事実ではないでしょうか。
として、それが消費税かといえば、これもやりようの部分があります。
税の使用目的を国民還元型に改め、低所得者には戻し税方式で給付するなどすれば、欠陥だらけの消費税も、活用のしようが出てくるという意見もあります。
10%にして、まずは教育、医療を無料化し、子どもの医療も無料化すれば、むしろ、消費税に欠陥があるとすれば、他の税でまかなおうという取り組みはうまくいくように思います。
もう少し幅広い意見に耳を傾けて考えてみてはどうでしょう。

2017/7/27 21:07:27

マイナンバー制度と預金封鎖の話をを見てまとめてみました。
(予め書きますが私の過去質問についた回答から、マイナンバー制度は民主党が進めただの、マイナンバー制度が脱税を取り締まるためだの事実に反することが分かり納得したのでそのような回答はいりません) マイナンバー提出について ・会社にマイナンバー提出を拒否してもOK 税務署はうるさくない ・銀行ににマイナンバー提出を拒否してもOK 税務署はうるさくない ただ 2021年から銀行預金と紐付けを義務化しようとしている ・証券会社で新規口座開設と海外送金に限ってマイナンバー提出に執着を見せる これを財務省シナリオで読み解くと 金融緩和をガンガンするぞ 景気回復して自然インフレではなく インフレを起こして景気回復したと言い張るぞ そしてデフレが脱却できて消費税増税するぞ 金融緩和で国の借金目減りと利払いを抑えるぞ、多くの預金者の資産をこっそり奪うぞ 預金資産を奪われ 消費税で現金を奪われ、株をしないと貧乏になると脅迫観念を植え付けるぞ 資産を移した先にマイナンバーで待ち構えて資産を捕捉するぞ そして資産を 株→預金→の順序で捕捉するぞ 働いた所得の捕捉はあまり関心がないから うるさく言わなくてもいいのだ そして以前の計画通り預金封鎖に万全の体制を整えるぞ 預金の価値を減らしつくし増税で奪いつくし預金封鎖で奪いつくす ここまで制度化して準備をしていれば いくらでも税金を無駄使いできるぞ これが三光作戦ではないでしょうか? これは個人資産を奪ってしまうつもりじゃありませんか?補足こんな嘘をつく人って↓よく措置入院にならないね? びっくりマイナンバーを提出しないと 年金を受け取れない、就職しても社会保険に入れない、 生活保護が受けられない、健康保険書がもらえない、 口座を開設できない、株式で運用できない、 何か隠しているのがばれるなんてことがあるかもね。

マイナンバーを提出しないと年金を受け取れない、就職しても社会保険に入れない、生活保護が受けられない、健康保険書がもらえない、口座を開設できない、株式で運用できない、何か隠しているのがばれるなんてことがあるかもね。
よいことです。

2016/7/28 17:38:11

マイナンバー制度の目的が脱税防止目的だなんてデマを流している人に精神病院入院を勧告すべきですか?

マイナンバー制度の目的が預金封鎖だなんてデマを流している人に 精神病院入院を勧告すべきですか?

2016/7/24 14:16:35

マイナンバーが、預金封鎖や徴兵制準備の準備であることを隠す人たちは国民を欺いて軍国主義までもっていこうと考える目的の人たちですか?.マイナンバー制度で徴兵制→日本会議マイナンバー制度で預金封鎖→財務省 検討している事実のようです 官の立場で公金食い逃げと国民の預貯金を狙う人なら預金封鎖と徴兵制による洗脳 国民カルト教団化は絶対必要と考えますね?

どうやってマイナンバーで徴兵するか答えろ?

2016/8/10 21:10:16

2017/10/16 23:04:12

マイナンバー制度と預金封鎖について1946年と違って日本に世界中の人間が口座を置いている中で マイナンバーを抜きにして預金封鎖は不可能だと思うのですがマイナンバー制度と預金封鎖は関係ないと言っている人は馬鹿高いキャリア官僚の給与を弁護したり 増税に賛成したり国民を搾取対象にするような発言者が多いことを確認しています また ペイオフ解禁以降仮名口座ができないのに マイナンバーがないと仮名口座が取り締まれないと嘘を吐くことも確認しています実はマイナンバー制度が預金封鎖の武器になることを知りながら個人を犠牲にして国家権力を強化する国家主義的思想から事実を隠そうとしているだけではありませんか? 預金封鎖detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416652216...概要1997年から当時の大蔵省で預金封鎖の検討が始まり週刊東洋経済 文芸春秋 月刊現代 読売ウィークリー 日経新聞役員などが暴露して 国会でも2002年に民主党議員の追及で塩爺が認めています。
今の自民党は反知性と言われるネトウヨ「自民党ネトサポ」なるものが工作活動をでしている ・預金封鎖をしたら世界恐慌になる→嘘決定・預金封鎖は超インフレにならないと起きない→嘘決定・マイナンバー制度は脱税防止目的→嘘決定・マイナンバーがなくても預金封鎖ができる→嘘決定

真実を書かれて我慢できない右傾化思想のバカはこれで財産をむしり取られるんだよマイナンバー制度に賛成している人など知性が低い人が多いです(ちなみに 閲覧数にバグがあり本当の閲覧数が反映されないのはでは有名です)要するに無駄を野放しにして国民負担を受け入れるべきだなんてわめいている馬鹿野郎が日本にいる限り自分で資産防衛する必要があるってことです。
・通貨価値下落政策 円建て資産を持つな・消費税増税対策 日本でカネを使うな・マイナンバー対策 自分の財産を隠せこれを徹底しないとやられるだけです。
今の政策路線は官僚腐敗などが作った国の借金を国民負担と円建て資産の価値を落とすことで解決して身を切る改革から遠ざけることですから、その思惑にはまって資産を失うの馬鹿げたことです。
預金封鎖の計画が事実であるのは証券税制の変遷からも簡単に推測できること預金封鎖をすると国際的な信用力がなくなるとか言う馬鹿がいるけど預金封鎖をしたって国際的な信用力がなくなるわけがない。
預金封鎖はやる側からすればだまし討ちですから事前の信用云々には当てはまりませんし、一度預金封鎖で財産を失ったら、そのあと自身の津波のように第二次第三次の預金封鎖がない限り、資産防衛で海外に逃避する必要を感じません。
「金融」は利殖のための投資です。
株の形の出資にしろ、貸し出しにしろ利殖と逆の効果を生むと事前にわかっている場合に資産を逃避させることになります。
預金封鎖は当てはまらない。
資産を失うことが既遂となった後で資産を逃避させると言うなら、企業が民事再生法やら会社更生法で事実上倒産し株主や債権者に損害を与えた場合は、その企業は二度と資金が集められず再起不能になる確率が100%ってことになってしまいますよ。
そんなことはあり得ないでしょう。
もし預金封鎖になることを知っていれば海外に逃がして、預金封鎖が断行された後、あとは安全だと日本に戻す方を選択する方が現実的ですよ。
だいたい、マイナンバー制度に賛成して預金封鎖の可能性を否定してアベノミクスの金融緩和を肯定するような悪人たちって国民の財産を奪う意味での危害を加えることを考えてはいても、どうやったら財産を守るのかアドバイスすることってあるんですか?国家財政が悪化したのは官僚の焼け太りが原因です。
デフレ脱却したいのならば官僚の焼け太りなど清算して身を切る改革をして増税などの国民負担を排除して、可処分所得を増やすのが筋です。
ところが、身を切る改革をすることなく国民負担を増やしたい悪人たちは、カネの価値を落として国民が国家に貸している借金を踏み倒し(個人金融資産の大半は預金や債券や保険に偏っているため)、デフレ脱却の名目で消費税を増税する。
カネの価値を落とすのはインフレ要因、増税はデフレ要因で相反しますが「国民の財産を奪う」共通点があるので組み合わせて「デフレ脱却の功績を上げた、緩やかな物価上昇で景気回復している」と結果を捏造して国民の財産を奪う法体制を確立させることを考えているのです。
当然可処分所得は減り多くの人の国民生活がどん底に落ちます。
個人金融資産における株式比率はバブルの絶頂期ですら14%に過ぎないので「株を買わない方が悪い」なんて理屈は成立しません。
確実に国民の財産を奪い続ける極悪政策です。
で マイナンバー制度は正確な所得の捕捉を目的としていません。
預金封鎖などを見据えて個人金融資産の元本を狙った政策です。
検索すると数多く出てきますが(詳細は割愛)、例えば会社勤務していてマイナンバー提出を拒否しても不利益も罰則もありません。
しかし、海外送金や証券会社については厳しいです。
銀行口座以上です。
大和グループなど2018年までと言わず今すぐ出さないと取引停止など私的に暴走しているようです。
つまり、マイナンバーの本当の目的は所得の正確な捕捉にあるのではなく個人金融資産の元本を狙っているのです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215920634...たとえば税収が少なく増税しても国家財政の足しにはならないにもかかわらず株価の足を引っ張る証券税制などなぜ非課税にならないのか不思議に思ったことはありませんか?日本の個人金融資産は預金偏重なので金融緩和をすると多くの国民の預金価値が目減りして被害者になります。
金融緩和以外にもデフレを脱却する方法ならあります。
国民負担を軽減して増税をなるべくせず さらに貯蓄から投資へ促す税制をすることです。
具体的には証券税制を非課税にすればいいでしょう。
グローバリズムを言うのなら証券税制を分離課税にしてかつ重税にするのは筋が通りません。
海外ではドイツやシンガポールのように証券税制は原則非課税か(仕手筋を抑えるために短期売買は例外)、アメリカのように他所得の損益通算をする総合課税が普通だからです。
じゃあ なんで非課税にしないのでしょうかね?ここでもある通り1997年から預金封鎖の検討と法整備が始まっているのは事実detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1215576366...日本の個人金融資産に占める株式比率は1割に満たず、証券税制の税収は1998年は1300億円、ITバブルが始まった1999年でも4000億円に過ぎません。
1998年に至っては消費税率に換算しても0.1%分にすらならないのです。
なくしたって大幅減収になるわけじゃあない。
むしろ証券税制を非課税にして資産インフレを起こせば税収増は数兆円にもなって取り返せるでしょうね。
グローバリズムを盾に政府は法人税減税を言いますがね、法人税を下げている国は軒並み証券税制は原則非課税なんですよ。
だから世界の税制に合わせるも筋が通らない。
でもなぜ証券税制は非課税にしないのか?個人金融資産の元本の情報が欲しかったからです。
預金封鎖の検討を始めた1997年の証券税制は源泉分離課税と申告分離課税の選択制で、9割の個人投資家が源泉分離課税を選択していた。
つまり、全個人金融資産の観点から見れば(預金の利子所得も源泉分離課税なので)金融資産性所得の税収など申告分離課税は1%にもならない。
源泉分離課税は脱税の余地がないのでこれを理由に「脱税を防ぐために証券口座や銀行口座の資産を番号制で紐つける」なんて口実はできないのですよ。
だから預金封鎖の検討を始めた1997年の翌年に証券税制の源泉分離課税を廃止して申告分離課税一本化する案を言い出したのです。
実際の官僚が計画していた預金封鎖のための法整備のタイムテーブルと現実は狂いが生じているのですが1997年当時の財務省の考えていたシ
ナリオを大雑把に言いますと①源泉分離課税→申告分離課税になると脱税の余地が発生してかつ税務署の手続きの煩雑になる。
また納税者側は世帯主以外の扶養されている株をしていると扶養控除や配偶者控除がぶっとんで増税になる。
だから株と預金で不公平が生じてしまう。
②上記①の不公平や不備を正すと称して預金も含めた金融資産をすべて合算して申告分離課税と納税者番号制を導入する。
かくして預金封鎖に都合のよい個人資産を把握する法整備を作る。
③たとえばアメリカなどの納税者番号制は金融資産性所得だけでなく勤労所得なども合算する総合課税だが、これをすると預金封鎖のための純粋な資産把握に困難がでるのでアメリカ型総合課税の案が出てきたら徹底的に抵抗して潰すこの方針で出てきたものが2004年の公表された以下計画です。
www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599金融資産課税の一体化(株や預貯金などの税制)損益通算範囲や損失繰り越し期間が十分に認められない制度となるようであれば、名ばかりの金融資産課税の一体化との謗りは免れない。
実際2004年年始に小泉純一郎首相がこの方針に沿って「年内に納税者番号制を実現する」と言ったことがあります。
これが実現できず長らくお流れになっていましたが、この方針に沿って出てきたのがマイナンバーなわけです。
だから会社へのマイナンバー提出拒否には甘いですが、証券口座と海外送金については比較的厳しい対応がとられています。
ここでいう「損益通算範囲や損失繰り越し期間が十分に認められない制度」ってのはそれまで自民党税制調査会の一部から出てきた③のアメリカ型総合課税の案を徹底して潰した結果に他なりません。
金融資産だけの申告分離課税こそ個人番号による資産捕捉と預金封鎖の道である。
その考えから証券税制の重税化によるデフレ促進と現在の法整備に至っているわけですね。
全ては国民をだまして財産を奪い取ることに目が行っているのは明白なので、右傾化思想や全体主義思想の観点からマイナンバーを奨める愚か者と共に心中する必要はありません。

-証券的債権

© 2021 昭和は良い時代だったとつくづく思う