譲渡担保

会社法について 株式に譲渡担保を用いることはどのようなメリットがあ...譲渡担保

民法について。
土地が譲渡担保の目的とされ,設定者から譲渡担保権者に所有権の移転の登記がされた後,被担保債権が弁済された場合において,当該土地の登記が譲渡担保権者にあるうちに,譲渡担保権者が当該土地を第三者に処分したときには,譲渡担保権の設定者は,当該第三者が民法第177条の「第三者」に該当しない場合を除き,登記がなければ,当該土地の所有権を当該第三者に対抗することができない。
この文章をわかりやすく解説お願い致します。

譲渡担保権設定者が弁済をしたので、その土地の所有権は設定者に復帰します。
一方、譲渡担保権者がその土地を第三者に処分すると、二重売買とおなじことになります。
なので、177条の対抗関係になり、設定者は復帰してきた所有権の登記を備えなければ第三者に対抗できません。

2016/1/17 21:48:51

ありがとうございます。
文中の当該第三者が民法第177条の「第三者」に該当しない場合を除き
の部分の解説もお願いします。>

譲渡担保のことで教えてください。
債務者Aは債権者Bに対し、債務額2億円の譲渡担保として市場価格3億円の不動産Xを差し出した。
一方、債務者Aは債権者Cに対しても債務があり、この額は1000万円である。
債務者Aは債権者Bに対しても、債権者Cに対しても債務不履行の状態にあり、債権者Bは不動産Xについて第三者Dとの間で2億円で譲渡契約を結んだ。
債権者Cは債権額1000万円の債務名義によって債務者Aに対し、強制執行をしたいのだが、債務者Aには不動産Xしかない。
債権者Cが債権を回収する手段はあるか?

詐害行為取り消しなんて難しいことしないで清算金を差し押さえればよいだけの話だ

2017/2/17 21:19:59

問題は2億円の債権に対し、2億円で売却すること。
現状では清算金が生じないと思われます。
>

民法の譲渡担保とはなんでしょうか?譲渡担保制度とは具体的にどんなものでしょうか?財産権の移転という形式を用いて担保目的を果たすとありますが具体的にどんなことをいうのかいまいちピンときません><似たようなものに質権があるのでますます混乱してしまいます情けないことに質問している本人が混乱してしまっているので@@;1、譲渡担保は物件でよいのか2、具体的にどんな実例があるのか3、実際の社会ではどんなときに使われているのか4、なぜ条文がないのかこのへんをわかりやすく教えてくださいお願いします!

めんどくさいですよね、譲渡担保。
☆1、譲渡担保は物件でよいのか 物権、ですかね?動産でも不動産でも大丈夫です。
所有権が移転できるものならなんでもいけます。
また、債権もある程度特定されているものであれば対象とすることができます。
☆2・3、具体的にどんな実例があるのか、実際の社会ではどんなときに使われているのか 工場に譲渡担保を設定するとかですかね。
あとは事務所を移転する時に、一括して譲渡担保を設定するとかです。
質権は「引渡し」が必要であるのに対し、譲渡担保は引渡し不要です。
設定者の手元に置いておけるというメリットがあります。
これが1つ目の特徴です。
この点は、同じく設定者が引き続き占有できる抵当権と似ていますね。
では、抵当権との違いがどんなとこに出るのかというと、換価手続きで違いが出てきます。
抵当権はご存知の通り「競売」をしなければ換価できません。
一方、譲渡担保は競売手続きを経ることなく換価できます。
これが2つ目の特徴です。
なぜなら譲渡担保では、設定する時にすでに所有権が移転しているからです。
債権者からしてみれば、自分のものを売るのに特別な手続きを踏む必要なんてありませんよね。
ここが、設定時に所有権移転を伴わない抵当権との違いですね。
4、なぜ条文がないのか 実務上こんなのがあったらいいな~っていうところから運用が始まり、後で裁判所が正式に認めたからです。
譲渡担保に関連する判例をサラっと見て頂くと、ほとんどが昭和後期であることが分かると思います。
じゃあ、条文作ればいいんじゃないかってことになりそうですが、ぶっちゃけ実務ではほぼ問題なく運用できちゃってるので、あまり必要ないんです。
むしろ条文作っちゃうと、臨機応変な運用ができなくなるというか・・。
私的自治の原則として、当事者がそれでオッケーってことならいいんじゃないかっていうのがおおよその見方です。
長くなっちゃってすいません。

2015/6/5 23:13:46

土地の賃借人がその土地に自ら所有する建物を譲渡担保の目的とした場合、譲渡担保の効力は、土地の賃借権には及ばない。
答え バツ根拠条文があれば教えていただけますか。

譲渡担保権については明文の規定が無いことから,根拠条文は無い。
土地の賃借権は,借地上建物の従たる権利であるところ,民法87条2項の「従物は、主物の処分に従う」の規定は,従たる権利についても類推適用される。
その根拠について,最高裁昭和47年3月9日判決は,「建物の所有権は、その敷地の利用権を伴わなければ、その効力を全うすることができないものであるから、賃借地上にある建物の所有権が譲渡された場合には、特別の事情のないかぎり、それと同時にその敷地の賃借権も譲渡されたものと推定するのが相当である」として,当事者の合理的意思を挙げている。
したがって,土地の賃借人がその土地に自ら所有する建物を譲渡担保の目的とした場合、譲渡担保の効力は、土地の賃借権に及ぶことになる。
【民法】(主物及び従物) 第八十七条 物の所有者が、その物の常用に供するため、自己の所有に属する他の物をこれに附属させたときは、その附属させた物を従物とする。
2 従物は、主物の処分に従う。

2017/7/3 14:33:20

譲渡担保についてです。
下記の問題の内容を例にするとこのような見解でよろしいでしょうか?よろしくおねがいします。
債務者A所有の倉庫においてあるパイナップル100個をその場所に置いたまま債権者Bのものにした場合でAがパイナップルを100個取引会社に引き渡してからまた更に100個入荷するなどしても新しく入荷したパイナップルに譲渡担保としての効力は及ぶ。
問題集合動産の譲渡担保において、債権者が譲渡担保の設定に際して占有改定の方法により現に存する動産の占有を取得した場合、その対抗要件具備の効力は、その構成部分が変動したとしても、集合物としての同一性が損なわれない限り、新たにその構成部分となった動産についても及ぶ。

はい」、もちろん譲渡担保権の効力が及びます。

2014/12/20 22:53:19

民法の質問です。
弁済期前に譲渡担保権者が譲渡担保の目的物を第三者に譲渡した場合、担保的構成の立場をとれば、なぜ第三者は担保権を取得できるのですか。

譲渡担保権者は目的物の所有権ではなく担保権を有しているので、第三者に移転できるのが担保権だけだからです。

2016/3/3 16:26:36

集合債権の譲渡担保において、当該譲渡につき譲渡人から債務者に対して確定日付のある証書によって通知が行われた場合、その対抗要件具備の効力は、将来において発生する債権についても及ぶ。
上記の状況がわからずです。
例を上げてご教示よろしくお願いします。
譲渡人と債務者は同じような気がします。

関係者は三人でてくる譲渡担保権者=債権者とすると(物上保証人は考えない)①元の債権者=譲渡人=元の譲渡担保権者②債務者=譲渡担保権設定者③新債権者=譲受人=新譲渡担保権者これでわかるのでは?

2014/12/20 14:10:03

譲渡担保に係る受け戻し権と留置権①譲渡担保設定者B(目的物はBの所有する不動産)、譲渡担保権者A、譲渡担保権者からの譲受人をCとした場合、判例の所有権的構成によるとBが清算金支払請求権を被担保債権として留置権を主張するとCは引き渡しを受けられないと思うのですがその理由はどのように理解すればよいでしょうか。
この場合のBの清算金支払請求権の債務者はAであって、Cではないと思うので清算金支払請求権の発生時点での債務者と目的物の引き渡し請求権者であるCとは同一人ではないとみるとBはCに対して留置権を主張できないのではないかと思いました。
二重譲渡の場合には第一譲受人が売主に対する損害賠償請求権を被担保債権として第二譲受人に対して留置権を主張することができないこととの違いがよくわかりません。
留置権の被担保債権としての清算金支払請求権と損害賠償請求権ではどのような違いがあるのでしょうか。
特に上記設例が仮に弁済期がすでに到来し、かつBが弁済していない時点でCに譲渡されたとすると、Cは完全な所有権を取得できるし、譲渡担保の実行としてCへの処分となるのでBは受け戻し権も消滅していることになると思います。
その場合であってもBがCに対して留置権を主張できるのはなぜなのでしょうか。
②仮にCが背信的悪意者であった場合の受け戻し権について1 弁済期前又は弁済期後であってかつ債務者Bの弁済後の場合にはCが配信的悪意者の場合にはBは受け戻しをすることはできる。
(Cの主観がそれ以外は対抗関係になる)2 しかし弁済期後であってかつ弁済前の場合には、BはCが背信的悪意者であっても受け戻しができない という理解でよいでしょうか。
すなわち、1の場合には背信的悪意者であるCは所有権を取得できないので受け戻しをすることができるが2の場合には譲渡担保の実行としてCに処分される以上、Cが背信的悪意者でも有効であり、もはやBは受け戻しができないのではないかと思うのですがこのような場合分けは必要でしょうか。

① 留置権って物権なので対世効があり、留置権発生後の譲受人に対しても主張できますけど・・・・基本的な勘違いじゃありませんか?② その通りです。

2016/1/24 21:53:42

①二重譲渡の場合の売主に対する第一譲受人の損害賠償請求権は第二譲受人が対抗力を具備した時に発生するがその時点の損害賠償請求権の債務者は売主であって第二譲受人ではないので第一譲受人は第二譲受人の目的物の引き渡し請求に対して留置権を主張できない。
②これに対して譲渡担保の場合の設定者の清算金支払請求権は譲渡担保権者が第三者のCに目的物を譲渡した時点で発生するのではなく、弁済期の到来や目的物の処分の如何を問わず、譲渡担保契約の締結と同時に設定者には清算金支払請求権が法律上当然に生じているものでしょうか。つまり①の損害賠償請求権は債務不履行があってはじめて生じるものであるのに対して②の精算金支払請求権は譲渡担保契約自体にもとづいて法律上当然に設定者に発生しているものなのでその後に目的物を譲り受けた第三者Cに対しても主張できると考えればよいでしょうか。
③仮登記担保の清算金支払請求権も②と同じでしょうか。>

譲渡担保契約。
この場合には、所有権が移るとあります。
所有権とは、自由に利用処分収益ができる権利だと思います。
譲渡担保契約を結んだだけでは、譲渡担保契約の担保を受けた者は、自由には処分はすぐにはできないと思います。
譲渡担保契約の、所有権の定義は、普通の所有権の定義とは違うのでしょうか?

普通の所有権と全く一緒別途、契約による債務により処分が制限されるだけ制限を無視して売り払っても物権は原則有効に移転します

2015/1/30 10:00:55

会社法について株式に譲渡担保を用いることはどのようなメリットがあるんですか?

実質的な所有権を保ちつつ株券の貸賃を得ることができる。

2017/1/15 19:28:45

-譲渡担保

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う