譲渡担保

弁済期前でも譲渡担保権者は物を売ってしまってもいいんですね?譲渡担保

司法試験 平成23年 16問目 民法短答www.moj.go.jp/content/000073970.pdfこの問題のオの解き方が理解できません。
聡明な法律カテの皆様、教えておくんなまし┏O))

>被担保債権の弁済期が到来し,債務者が被担保債権を弁済した後に,譲渡担保権者が目的不 動産を第三者に売却した場合には,当該第三者は,被担保債権が弁済されていることについて 知らないで,かつ,知らないことに過失がないときに限り,目的不動産の所有権を取得する⇒主観的要件関係なく不動産の所有権を取得するということですね。

2017/3/13 06:41:14

譲渡担保の注意点について譲渡担保は、借入をする際に、先に所有権を移転してしまいますが、よく譲渡担保が付いている不動産は、たとえ抹消条件が付いていても銀行が融資しなかったり、司法書士が疑ったりしますが、事故の可能性としてはどういうことが考えられますか?私が考えるに、所有権を先に移転してしまうので、債権譲渡が自由できたりして、後から債権を主張されたりするのでは考えましたが。

まあ一番の問題は、所有権を戻してもらえなかったりすることでしょう。

2010/10/31 03:43:28

譲渡担保と転質が分かりません!民法の宿題で、Aの動産を、AがBに質入し、さらにBがそれをCに譲渡担保しました。
(占有はB)この場合のA,B,Cの法律関係はどう?ってな問題なのですが、譲渡担保という形での転質ってことなのでしょうか?どのように書けばよいのか分からないです・・・流れを教えてください!

他人物売買&即時取得又は他人物抵当権設定のどちらで処理すればよいかを聞いている問題なので転質は直接的には関係ないかと。
担保権的構成で趣旨を類推するならおもしろいよって程度の関係性

2014/3/22 15:54:44

譲渡担保のついてる、土地建物を、担保設定者の承諾無しで、担保権者の承諾のみで、賃貸で借りる事はできますか?所有権は担保権者で、貸金の弁済期日は、あと1年くらい先です。

担保権者が所有権を持っているということは、弁済前に、債務者(担保設定者)から土地建物を所有したことになりますよね。
なぜ弁済前に所有権移転したのかが、わかりませんお金を借りたときに、抵当権を設定し弁済期が来て、返せなくなった時点で、所有権を移転すれば、その間貸していれば、賃貸料金が入るのに、 回答は、所有者の承諾でOKです。

2013/5/24 17:38:31

民法の質問です。
初心者なもので、的外れな質問かもしれませんが、どうか知恵をお貸しください。
内容は、抵当権と譲渡担保の違いについてです。
抵当権と譲渡担保の1番の違いは、私的実行できるか否かだと理解しておりました。
しかし、抵当権には、抵当直流の特約が認められているということをつい最近知りました。
そこで、結局双方の相違点は、所有権の移転の有無のみではないかと考えました。
抵当権と譲渡担保の大きな相違点や、それぞれのメリットデメリットなどあれば、教えていただきたいです。
長文失礼いたしました。
ご回答宜しくお願い致します。

>>抵当権と(不動産)譲渡担保の大きな相違点や、それぞれのメリットデメリット抵当権の場合、設定者は更に後順位抵当権を設定することができる。
後順位抵当権者の保護等のため被担保債権に3年分の利息が付いていたときも優先弁済権を主張できるのは直近の2年分だけとされる(375条)。
これに対し不動産譲渡担保は設定者による後順位担保権の設定が不可能であるため、利息分の総取りを認めても問題ない。
不動産譲渡担保は、担保権者自身による無断売却のみならず担保権者の一般債権者による差押のリスクも伴う(弁済期到来後の差押なら差押債権者が優先する)ため設定者にとっては不利である。
但し譲渡担保権者の側も、所有権移転という形式を経る事で抵当権に伴う制約を免れているため、登録免許税の負担は通常の所有権移転と同等とされる(被担保債権額5千万円で土地の評価額1億円の場合、抵当権設定登記なら20万円[債権額の0.4%]だが譲渡担保の場合は200万円[不動産価格の2%]であり、軽減税率の適用される土地売買[1%]よりも高い)。

2018/7/2 13:03:24

民法の担保物権など、譲渡担保などがわかりやすい教科書や参考書はありますか?私は法律ど素人です。

どの程度まで理解したいのか質問からは解りませんが、大学の法学部の教科書レベルで良いのならば、「有斐閣Sシリーズ民法・物権」や「新ハイブリッド民法物権」などでしょうね。

2018/6/27 12:34:47

債権譲渡(担保)を原因とする抵当権移転登記債権譲渡を原因とする抵当権移転登記を申請する場合、債権譲渡に対抗要件を具備させなくとも抵当権移転登記は申請出来るでしょうか?問題の所在は、対抗要件を備えていない債権を担保する対抗力ある抵当権が存在しうるかです。

抵当権移転登記は譲渡人と譲受人の共同申請で登記でき、添付書類として債権譲渡の対抗要件聡明書類(債権譲渡通知や債務者の承諾書)は不要とされています。
実体関係として債権は譲渡されており随伴性で抵当権も移転していますから、有効な登記となります。
なお当然ながら、債権譲渡の対抗要件が備わっていなければ、債務者に対抗できません。

2012/5/10 10:41:58

居抜きの店舗を借りる事になりました、後々は買い取る方向で話が進んでいます。
店舗の中の機材で〈譲渡担保物件〉というシールが貼られているのが気になります。
そこで質問ですが!、店舗を機材ごと買い取った場合に、売主が債務の支払いを怠った場合に、シールが貼られた機材、もしくは建物はどうなるのでしょうか?補足譲渡担保物件の債権者は公庫になっております。
まだ家主さんには確認してないので憶測になるのですが、建物自体は新しい〈5?6年〉ので支払は完済してないのではないかと思います。
個人間で売買契約を交わし買い取った後に、売主が債務の支払い怠った場合にどうなるのか?もしくは契約の際にどういう事に気をつければよいのかわかりませ。
今のところ、銀行もしくは公庫から融資を受けて買い取りたい考えているのですが、なにぶん知識不足なもので・・・不安です。
ご教授頂けたら助かります!よろしくお願い致します。

譲渡担保契約締結時すでに処分権を留保して不動産の所有権(所有権移転請求仮登記)は、債権者に移転しています。
売主(債務者)が、支払いを怠れば、仮登記を本登記にして債権者は完全な所有者となります。
したがって、無権限者売主(債務者)から買った第三者は所有権を取得できません。
動産も、譲渡担保物件とのシールの明認がしてある以上、第三者は債権者から取得できません。
ただし、第三者が善意、無過失であれば即時取得できる旨の判例があります。
以上

2017/4/15 19:01:45

ありがとうございます。とても参考になりました!>

民法の勉強をしていてわからないのでどなたか教えてください!物権のところなんですが、譲渡担保、抵当権、質権の三つなんですが、抵当権は、不動産・地上権、永小作権にしか設定できない。
譲渡担保・質権は動産・不動産に設定可能。
抵当権・譲渡担保は担保にしながら使用可能。
質権は使用不可。
抵当権・質権は、債権者が執行するさい、裁判所に申し立て、競売。
譲渡担保は、債権者が譲渡など簡単に執行。
譲渡担保は幅広いのですごくメリットがある。
と習いました。
これらのメリットを考えると、すべて譲渡担保でいいのではないのでしょうか?譲渡担保で賄えるのに、なぜ抵当権・質権などを使ったりするのでしょうか?

譲渡担保は、登記費用が高くつきます。
昔の、3流金貸屋がよくやってましたが、最近は見かけなくなりましたね。
これは、誰が真の所有者は誰なのかが、謄本を見ただけでは、分からないのが難点ですね。
所有権留保というやつですね。
不動産屋が、自ら売主になった場合は、宅建業法で禁止されてますから、抵当権設定しかできませんね。
現実には、稀な登記原因です。

2016/1/5 18:32:00

弁済期前でも譲渡担保権者は物を売ってしまってもいいんですね?

所有権的構成に立てば・・・ と言いたいところですが以上の見解に立つにしても弁済期までに債務者が債務を弁済すれば担保物の所有権が債務者に復帰する結果として譲渡担保権者は担保物の所有権を失いその返還債務を負う事になります。
(概ね不当利得返還債務に同じです)したがって弁済期がくる前に譲渡担保権者が担保物を譲渡してしまうと担保物が動産の場合は譲受人につき即時取得が成立したのであれば弁済期が過ぎた時点で担保物返還債務は「履行不能」となり譲渡担保権(債権者)は譲渡担保権設定者(債務者)に対して損害賠償の責任を負うハメになってしまい(民法415条後段 参照)譲渡担保権が不動産の場合は弁済期までに譲受人が登記を備えていればその返還債務は履行不能となり損害賠償責任を負う事になります。
もっとも弁済期の翌日を迎えた時点で譲受人が登記を備えていないのであれば債務者と譲受人は「対抗関係」となり債務者が登記を備えたのであれば譲受人に対する引き渡し債務(等)が譲受人が登記を備えたのであれば債務者に対する返還債務が履行不能となり損害賠償責任を負う事になります。

2014/2/5 22:04:45

-譲渡担保

© 2021 昭和は良い時代だったとつくづく思う