譲渡担保

物権法のことで質問があります。 問い 抵当権以外に不動産を担保にす...譲渡担保

行政書士試験の勉強中です、「弁済」の問題についてご教示お願いします。
問「AはBから金銭を借りて、その際A所有の甲土地に抵当権が設定されて登記もされ、Cが連帯保証人となった。
そのあとCはBに対してAの債務を全額弁済し、Cの弁済後に甲土地はAからDに譲渡された。
この場合にCはDを相手にどのような手続きを経た上でどんな権利を行使出来るか」解答「Aに対する求償権確保のために、代位の登記を付記したうえで、Bの抵当権を行使することが出来る」質問1.恥ずかしい話ですが、解答の「代位の登記…」以降をわかりやすく説明願います。
単純にCは連帯保証人という立場では第三者Dに対抗出来ないということですよね。
2.問と逸れますが、Cが「保証人」だとすると、催告・検索の抗弁権があるという点を除き、解答は同じになるでしょうか。
3.またこれも問とは外れますが、仮にAに土地を持っていないとした場合、一般論として①AがBから金を借りるとしたら動産を質に入れる??Cが弁済した場合、どういった手続き、権利を使って求償するのか。

代位弁済者の第三取得者への求償の論点ですね。
代位弁済した者は、第三取得者が登場するまでに、抵当権の「代位弁済による移転」を登記しておかないと、第三取得者に対抗できないんです。
そして、問題の「代位の登記を付記したうえで、Bの抵当権を行使することが出来る」は、代位弁済により移転したことが、第三取得者に対抗できるのだから、抵当権を行使できる。
というだけ…そのまんまです。
連帯保証人であるというだけでは、抵当不動産の第三取得者に対して「代位弁済したこと」を対抗できません。
2:保証人も連帯保証人も、この点は同様に考えてください。
3:これは、かなり広範囲の説明が必要になります。
①Aが土地を持っていない、のであれば、Bから金を借りるとすれば一般的には「動産の譲渡担保」や「人的保証」があります。
無担保で貸してくれる業者もあります。
もちろん、質権もあるでしょう。
人的保証が堅い、つまり、保証人が公務員とかだと、債務者自体は担保提供しなくても金を貸すという業者は多いみたいです。
②保証人が弁済することを代位弁済といいます。
その場合債務者へ対して求償できます。
つまり、お前の借金を俺が保証人で肩代わりしたのだから、俺に払え、というわけ。
これは当然ですよね?だって、借りたのは債務者であって、保証人ではないのだからそれを保証人が代わりに支払ったのだから、債務者は保証人へ返すのが当然ですよね。

2018/4/9 14:24:47

以前に相当ブラックな金融業者に自宅マンションを担保に以下の方法で所有権を移転されて金を借りた事があります。
この方法のメリットは登録免許税の節約でしょうか?そしてこの方法は今でも使えるのでしょうか?専門的な質問の為、司法書士の方にお答え願いたいと思います。
平成8年頃、金融業者に自宅マンションを譲渡担保にして融資を受けた時、その金融業者が所有権移転の際、まず1000分の1の所有権を取得して共有物としたすぐ後、残りの1000分の99を移転し、共有物を単独所有として所有権移転を行った。
平成8年当時のことなので、登記識別情報ではなく、保証人による権利証に代わる書類での操作だったように記憶しております。
この時の登記原因を何にしたのか不明です。
平成16年に大きな改正があったと聞きますが、実際に司法書士の方はどう思われますか?

> この時の登記原因を何にしたのか不明です。
登記簿見れば書いてあるんですが…。
おそらくその時代、その過程だと、2度目は「共有物分割」を原因として、1000分の4で登記したと思われます。
今はそのやり方は、等価交換的なもの以外、認められていません。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112955801どうしても知りたきゃ登記簿附属書類閲覧申請でもしてください。

2016/9/6 13:29:42

お初です。
バイクを譲渡担保にした譲渡担保契約書にについてお聞きしたいことがあります。
譲渡担保契約書の書き方を教えてください。
職場の先輩にお金を15万円ほど貸してます。
現金での返済見込みがないので、先輩が所有しているバイクをもらう約束しました。
口約束だけだと不安なので、自分が用意する契約書に署名してもらうことになりました。
本やネットで法について調べましたが現金で返済する借用書の書き方はなんとなく把握できましたが譲渡担保についてはわからないことが多すぎます。
本来なら弁護士に相談できたらいいのですが今すぐ動かせるお金がありません。
参考になるサイトURLだけでもかまいません。
皆さんのお力を貸してください。
お願いします

回収が心配なら、バイクの大きさにもよりますが、大型なら、自動車抵当法で、所有権留保や抵当権設定が可能かもしれませんので、バイクの車検証のコピーをもらい、近くの陸運支局に相談すると良いかと思います。
また、譲渡担保契約書は、行政書士の職務の一つで、弁護士よりはかなり安く作成してくれるはずです。
また、これの公正証書の作成代理もしてくれます。
自動車抵当法(定義) 第二条 この法律で「自動車」とは、道路運送車両法 (昭和二十六年法律第百八十五号)による登録を受けた自動車をいう。
但し、大型特殊自動車で建設機械抵当法 (昭和二十九年法律第九十七号)第二条 に規定する建設機械であるものを除く。
(抵当権の目的) 第三条 自動車は、抵当権の目的とすることができる。
(抵当権の内容) 第四条 抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移さないで債務の担保に供した自動車(以下「抵当自動車」という。
)につき、他の債権者に先だつて、自己の債権の弁済を受けることができる。
(対抗要件) 第五条 自動車の抵当権の得喪及び変更は、道路運送車両法 に規定する自動車登録ファイルに登録を受けなければ、第三者に対抗することができない。
2 前項の登録に関する事項は、政令で定める。
道路運送車両法(定義) 第二条 この法律で「道路運送車両」とは、自動車、原動機付自転車及び軽車両をいう。
2 この法律で「自動車」とは、原動機により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として製作した用具であつて、次項に規定する原動機付自転車以外のものをいう。
3 この法律で「原動機付自転車」とは、国土交通省令で定める総排気量又は定格出力を有する原動機により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として製作した用具をいう。
4 この法律で「軽車両」とは、人力若しくは畜力により陸上を移動させることを目的として製作した用具で軌条若しくは架線を用いないもの又はこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として製作した用具であつて、政令で定めるものをいう。
第二章 自動車の登録等 (登録の一般的効力) 第四条 自動車(軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を除く。
以下第二十九条から第三十二条までを除き本章において同じ。
)は、自動車登録ファイルに登録を受けたものでなければ、これを運行の用に供してはならない。
第五条 登録を受けた自動車の所有権の得喪は、登録を受けなければ、第三者に対抗することができない。
2 前項の規定は、自動車抵当法(昭和二十六年法律第百八十七号)第二条但書に規定する大型特殊自動車については、適用しない。

2010/11/23 20:23:17

譲渡担保の設定者が目的物を第三者に譲渡した場合の担保権的構成からの説明について教えてください。
本に次のような記述がありました。
「① 担保権的構成をとると、所有権はいぜんとして設定者のもとにあるから、譲受人は設定者から譲渡担保権の負担付きの所有権を承継取得する。
② また、即時取得の要件を満たせば、譲渡担保の負担のない完全な所有権を取得することができる。
」②の文がどうしても分かりません。
担保権的構成をとると、設定者は所有者なので 設定者からの譲受人が即時取得をすることはないような気がするんですが、即時取得の要件を満たす場合というのはどういう場合なのでしょうか?

>担保権的構成をとると、設定者は所有者なので 設定者からの譲受人が即時取得をすることはないような気がするんですが、即時取得の要件を満たす場合というのはどういう場合なのでしょうか? 設定者は所有者ですが、その所有権はあくまで①の通り「譲渡担保権の負担付き所有権」ですから、「完全な所有権」の移転については無権限ということになります。
そこで、譲受人が「完全な所有権」の取得を善意無過失で信頼していた場合(動産譲渡担保では大半がこうなってしまう、だから債権者はネームプレート等を活用して何とか譲受人を悪意・有過失にしようとする)、譲受人は完全な所有権を即時取得できることになります。

2010/7/19 19:18:07

譲渡担保契約で分からないことが・・・狭義の譲渡担保契約は、形式上所有権を債権者に移すとされてますがこれが、不動産や車などの移転登記できるものなら理解できるのですが例えば、宝石、時計 有価証券等は引渡しをもって所有権譲渡となるのでしょうか?もちろん、この場合、質権の方が向いてるとは思いますが宝石、時計 有価証券等でも譲渡担保契約を結べるのでしょうか?

ご質問を拝見する限り『譲渡担保』というよりも『所有権の移転』の『基本』を正しく理解されていないようです当事者間における『所有権の移転』は当事者間の『意思表示』だけで行う事が出来ます。
(民法第176条 参照)登記や引き渡しをもって所有権が移転するわけではありません。
したがって別段、引き渡しを経る事なく意思表示によって所有権は移転しますから宝石、時計 有価証券といった『動産』を担保に譲渡担保契約を結ぶのも十分に可能です。
なお登記や引き渡しが必要になるのは他に所有権が移転されたと主張する者に対して自らの所有権を主張する時です。
(民法第177条,第178条 参照)

2009/6/26 15:33:08

通帳とキャッシュカードを担保に融資しますと電話がありました。
30万円融資で毎月6000円、60回の返済で完済後は通帳とカードは返却するという内容です。
譲渡ではなく、あくまでも担保でしたら法律に抵触しないでしょうか?

明らかに違法です。
預金担保融資とは預金債権を担保とするもので、定期預金のように金額が決まってるものです。
通帳やキャッシュカードなら質入れという事になり、明確に禁止されています。

2014/12/6 13:58:20

ローン物件を譲渡担保として設定している場合、債務者がローンを支払えなくなった場合、債権者側になにか支払い義務等が生じる可能性や危険はありますか?知り合いのAさんが事業に失敗した際、ローン支払い中の自宅が差し押さえられるのを避けるために、私の知り合いのBさんに譲渡担保という形で自宅の名義をBさんに変更しているそうです。
Bさんとしては人助けでのつもりで、自分には全く危険なことは無いという認識なのですが、その担保物件は、まだローン支払い中というのが気になります。
仮に、Aさんが病気等で、ローンを支払えないような状態になった場合に、Bさん側になんらかのお金の支払いが発生する危険度はあるのでしょうか?補足ご意見いただきました、お二人の方、誠にありがとうございます。
実は、ここで尋ねる前に少しご意見を聞いた方がいるのですが、どうもはっきりと"Bさんには一切の金銭的危険度は無い"と断言された方はいませんでした。
よって、更に情報を求めてここでお尋ねしている次第です。
同様のご意見でもかまいませんので、他にもコメントがいただけたら・・と思います。
よろしくお願い致します。

こんばんは。


結構複雑な状況ですねー。
まず大前提になるのは譲渡担保自体の行為は差し押さえをまのがれる為の行為ですから本来の『譲渡担保行為』とははずれています。
しかしそのことを債権者側が立証するのは不可能でしょう。
それとBさんに所有権移転をして〔譲渡担保〕も債権者が設定登記した抵当権等の後れる〔抵当権の設定の時期のほが早い〕ことになりますから、Bさんが所有権登記をしたところでローンが滞れば差し押さえ→競売→買受人〔落札者〕→裁判所職権にてすべての登記が抹消になります。
当然、Bさんが居住してたところで明け渡し命令で終わりです。
失礼な言い方ですが質問の内容なことが昔は占有者とか街金とかがやっていた典型的な例です。
実際Bさんは金融機関との金銭消費貸借契約を締結して土地建物?に抵当権されたいわゆる借主ではないですから負債を負うことは質問の限りではありません。
ただしなんらかのAさんの追加的な保証人とか法律を犯した行為に加担していると金融機関のブラック〔通称〕にのります。
いわゆる不法占有および債権阻害等です。
いまのご時世で金融機関の抵当権、その他の担保権の実行を邪魔できる手段はないといいていいでしょう。
結論とてお金を借りた人に催告するのが大前提でありBさんは問題ありませんが社会的道義責任はまのがれないでしょう。
詳しくは司法書士に登記簿謄本〔全部事項証明書〕を持参し相談したら良いとおもいます。
登記簿謄本等は管轄の法務局にいけば誰でも写しを取得できます。

2008/4/8 02:14:48

過去、譲渡担保だった中古物件は大丈夫?過去、譲渡担保だった中古物件は大丈夫?中古住宅を買おうと思っています。
(まだ人が住んでいます)不動産会社が売主です。
今住んでいる方の前に住んでいた方が(登記簿をみるかぎりでは)今住んでいる方にお金を貸していたようで家が譲渡担保だったみたいです。
で、手放されたようで(お金を返せなかったもよう)お金を貸した人が今は住んでいます。
今住んでいる方は土地を離れるということで売り出されたようです。
私は素人なので”譲渡担保”は聞きなれないけれどなにか問題ありますかね?今のところ不動産会社から譲渡担保の説明は無いです。
登記簿で知りました。
なにか今後”譲渡担保”で問題があれば嫌なのでおききします。
ちなみに抵当権はないようです(残ローンなし)。
補足今住んでいる方の前に住んでいた方が今住んでいる方にお金を貸していたようでではなくて今住んでいる方が、前に済んでいた方にお金を貸していたの間違えです。
すいません。

過去に譲渡担保になっていた物件でも、購入後に自分の名義で登記をすれば何の問題もありません。
譲渡担保とは、抵当権よりも、より強い権利ですが、質問者様の名義で物件の登記を行う妨げにはなりません。
以前の所有者が借金の返済が出来なかった為、譲渡担保により現在の所有者になっただけの事です。
抵当権は、一番、二番と続きますが、譲渡担保には二番はありません。
担保権としては、譲渡担保が一番強い権利となります。
質問者様が購入する物件としては、心配しなくても大丈夫ですよ!By現役の不動産屋

2010/6/24 23:22:39

債権譲渡の以下の問題についてあなたの考えをお聞かせ下さい!!!登場人物が4人の事例です。
A(注文者)は不動産賃貸を業わいとする者で、B(請負人)との間で本件マンション建設をする請負契約を締結しました。
そして、BのAに対する報酬債権を担保するために、本件マンションにこれから入居する賃借人等に対してAが取得する予定の賃料債権を譲渡する合意がなされた(将来債権譲渡担保設定契約)。
マンション完成後、AはYとその一室を貸す賃貸借契約を締結しました。
この際、AはYに対してAの取得する予定の賃料債権について、右譲渡担保設定契約の目的債権になっていることを伝え、Yも承諾している。
そうしたところ、BはXに対して金銭消費貸借契約に基づく金銭返還債務を負っていたので、その弁済に代えて、上記報酬債権をXに譲渡することになりました。
もちろん右報酬債権譲渡については、Bは、債務者Aに通知を行っています。
しかし、報酬債権の弁済期が経過してもAからXへ弁済がなされなかったので、Xはマンションの賃借人Yに対して賃料債権を請求することにしました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆以上の事案を踏まえて、このXからYへの賃料請求に対して、Yは債務者対抗要件の抗弁を主張することができますか?ゼミにおいて、否定派がいのたでですが、私としてはYが右抗弁を主張することが可能なように思えて仕方ありません。
結局それなりの筋が通っていれば、どちらの回答も可能なのかと思いますが、法律を学んでいる他の方々の考えを聞かせて頂きたいです。
上記事案で、担保権の随伴性から、将来債権譲渡担保つきの報酬債権譲渡がBからXへ譲渡されているので、Xが担保権行使として本件賃料債権をYに請求したわけですが、前述した通り報酬債権譲渡についてのみの通知(B→A)しかなされていないのです。
債権譲渡においては、債務者に二重の負担を負わせることのないよう、債務者に当該債権の帰属を知らせる必要から債務者対抗要件を備えなければ、債務者に当該債権の取得を主張できないと規定されていることからすれば(民法467)、報酬債権に随伴して賃料債権をXが取得したとしても、外形上は賃料債権に関しては転譲渡なので、Bからの債権譲渡についての通知あるいは、Yの承諾がない限り、Xは賃料債権をYに対して主張できないと思うのです。
字数の制限上、これ以上書けませんんが、皆様是非考えをお聞かせ下さい!!!!!

Yは、Xに対して、債務者対抗要件の抗弁を主張できると考えます。
将来債権についても債権譲渡が可能であること、債権者から債務者への通知は債権譲渡後になされる必要があるが債務者の承諾は債権譲渡の前後を問わないこと、以上2点は、確立された法理であり、特に異論を見ません。
AからBへの賃料債権(将来債権)について予め債務者Yが承諾することは有効であり、Bは債務者対抗要件を具備します。
これに対して、BからXへの債権譲渡については、報酬債権とともに賃料債権を、あるいは、報酬債権と切り離して賃料債権のみを、BからZへと二重譲渡する可能性があります。
債権譲渡は、債務者の認識を通じて公示機能を果たしますから、BからXへの債権譲渡について、BからYへの通知もYの承諾もない段階では、Xは債務者対抗要件を具備しているとは言えません。
(追記)本件における攻撃防御の構造を明らかにしたいと思います。
訴訟物(Streitgegenstand)(XのYに対する)A・Y間の賃貸借契約に基づく賃料債権請求原因(Klagegurund)①A・Y間の債権の発生原因(本件では、賃貸借契約)②AからBへの債権譲渡の原因行為(後記)③Bの債務者対抗要件の具備(本件では、YからAへの承諾)④BからXへの債権譲渡の原因行為(後記)抗弁(Einrede)BからXへの債権譲渡について、BがYに通知するか、又は、Yが承諾するまで、Xを債権者と認めないという権利主張請求原因②④については、担保的構成②譲渡担保「設定」契約に伴う譲渡担保財産(賃料債権)の移転④譲渡担保「移転」契約に伴う譲渡担保財産(賃料債権)の移転所有権的構成②AのBに対する債務の賃料債権による代物弁済④BのXに対する債務の賃料債権による代物弁済となりますが、ブロックダイヤグラムの基本的構造は、同一です。

2013/3/11 20:10:04

物権法のことで質問があります。
問い抵当権以外に不動産を担保にする手段にはどのようなものがあるか。
また、これらの手段を用いる意義はどこにあるか。
という問題についてです。
私が考えた答えは、不動産収益執行抵当権に基づいて強制管理と同様のことが行えるようになる。
また、不動産が競売にかけても売れない状況で、少しでも賃料から回収が可能になるためなのですが、これで合っていますか?問題文が 「これらの手段」と複数形を使っているのが気になるのですが、調べても答が出てこなくて困っています、お願いします。

全然違います。
不動産収益執行は、抵当権の強制執行のやり方の問題です。
答えは1.不動産質権2.譲渡担保3.仮登記担保4.売渡担保等です。
意義は・・・1については不動産の使用収益ができること。
2~4は煩雑な競売手続きによらなくて済む点です。

2015/7/16 17:43:33

-譲渡担保

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う