資金使途

1億に近い政治資金を使途不明で使った自民党都議会の議員は誰だかハ...資金使途

日本政策公庫の設備資金使途確認について。
今回借り換え(当初運転資金)プラス設備資金1000万円の計1600万円で融資実行となるのですが、口頭でも文書でも設備資金の使途確認資料提出に言及がありません。
ホームページ上では確認要となっていますが、過去の等では確認されないこともあるとの書き込みがあります。
現況どうなのでしょうか。
確認資料提出にあたっては公庫より文書・電話等で督促されるのか、融資実行にあたって契約書を交わす際に文書等で予告されてくるのか等 告知される時期というかタイミング等も教えていただけたらと思います。
最近経験された方々、宜しくご教示くださいませ。
尚、使途は貸家建築です。
着工が予定より遅れる見込みにつき実行日より6ヶ月以上経過する予定という状況の者です。

設備資金としての融資なら使途確認資料は必ず求められます。
本来の資金使途が設備資金であっても、公庫の内部(稟議書)では運転資金として処理されている場合もあります。
設備資金を他の目的に流用するのは問題ですが、運転資金を設備に使うことは問題になりません。
(特に本問の場合は「運転資金借入」をまとめるという融資です)この様な内部事情により「確認されない」場合があると考えられます。
とすれば、ご質問のケースは公庫に直接「確認資料の提出は不要ですか?」とお尋ねいただく他はないと思います。

2014/6/15 10:53:57

銀行融資の、設備資金の資金使途違反についてです以前、日本政策金融公庫から借りたとき、実際の見積もりより安く(10万くらい)になり、融資直前に伝えたのですが「そのまま見積もりの価格で」と言われました今回銀行から融資を受けるべく見積もり持って行ったのですがどれもざっくりとした見積もりなので、見積もりより下がると思いますその際、銀行はどの程度までOKなのでしょうか?まさか、1円でも見積もりの領収より低いと「資金使途違反だ!」とはないとは思うのですが、金融公庫の担当の様に「あ~~もういいですよ」みたいに言う程度ってどの程度なんでしょうかね?

銀行で融資を担当していますが、資金使途が設備のみの場合は、融資金より安くなると繰上げ返済を要求される可能性があります。

2017/10/4 00:13:22

至急マイカーローンWeb申し込みする際に必要な資金使途証明書類について見積書契約書その他資金使途証明書支払先、納入期限、金額のわかるものなどとあるのですが免許取得のため、契約書や見積書など一切手元にありません(入校明細書 兼 領収書しかありません)この場合、どうすればいいのでしょう?教習所のホームページに記載されている値段の覧をスクリーンショットで保存してそれで申し込みしても大丈夫なものなのでしょうか?

領収書ってことはすでに支払ってるの?支払ったものの借り換えですか?ならばマイカーローン利用できませんよ。
マイカーローンというのはあなたが購入する相手先に直接支払うのが原則です。
あなたには支払われません。
教習所のホームページの金額でも可能かもしれませんが、教習所に振り込まれます。

2018/7/2 07:17:33

支払ったのは入校金のみです>

中小企業(建設業)で、昨年から銀行にいわれるがままにリスケを申込み、中小企業再生支援機構の手を借り、そちらが手配したコンサルタント会社が出入りしてヒアリング等行いながら再生計画書の作成段階にあります。
銀行へは既にリスケを申し込んだ段階で利息のみの返済となっていて受注もとれていますが、余剰現金が作れず、今月もまた業者への支払いが危ぶまれている状態です。
社長は社員への給与より業者への支払いを優先させるのでこれまでにも何度か給与支払いの遅延がありました。
ここ数年では給与引下げを含めた経費節約もしているし、社員も1/3にまで減っています。
現状では売上高のほぼ2/3にあたる額の借金があり、更なる経費節約をコンサルタントに指示されての社長の考え方としては『これまで(社長自身が)経費として落とせていた物についてはいじりたくない』という気持ちが感じられる削減案を見せてきたことや、これまでの社長の発言から人格を疑ってしまうような言葉もあり、『もう限界なのかな、、、』と思いました。
実際に、同じく個人を顧客とする建設業の中小企業で、似たようなケースになっても持ち直した企業さまをご存知の方いましたら、具体的にどう回復していったのか、またどれ位の期間を要したのか、など教えてください。

借金の額よりも「資金使途」が重要です。
建設業の場合は、工事代金の立替が発生する分は借金があっても不思議ではありません。
一方で、特段の設備が必要な訳でもなく、運転資金が年商の3分の2にまで及ぶこともありません。
赤字補填なのかどうか?要は「資金使途」が何であるかによって返済財源が決まります。
返済財源が無い様な借入であれば、減らすのは至難の業です。
再建には、とにかく少しでも利益を出して借金を減らすしかありません。
処分できるような資産があれば聖域なしで臨むべきでしょう。
期間は一概に言えませんが、前に進みだせば期間は関係ありません。
徐々に良くなって行く訳です。
社長が身勝手なことを言っているようでは見込みは無いかも知れませんね。

2018/7/10 13:05:14

ご回答ありがとうございます。
工事等の未払金と借入は別なので、ほぼ2/3と書きましたが合わせてしまうとほぼ売上高と並びます。
また、これまでの借入金の使い道は、
数年前に事務所を移転したときの改装費等、同じ時期に作った別会社の資金不足による貸付、それらの皺寄せによるこちらの会社の運転資金、となります。
なので不動産建築などの、返済財源が見込めるものではありませんよね、、、
社長は、社員への給与支払遅延も含めて『会社のため』と言いますが、こちらから見ると『どうしても再生計画書を作ってもらって(国からの)借入を申し込んで余力を持ちたい』=『前経営者が作った借金を自分が背負うようなことは避けたい』と映ります。
>

信用保証協会や銀行が運転資金の資金使途を事後チェックしてくることはありますか?補足決算書を渡すときにバレることもあるか思うのですが、決算書は銀行に毎年見せることが義務なのでしょうか?それとも次の融資を借りに行く時だけでしょうか?

私の知る限り聞いたことがありません。
可能性があるとすると、悪意を持った人間が密告をして、「あの会社、申込み時の用途と別の目的に資金を使ってますぜ」などという情報が入った場合でしょうね。
それ以外に、自主的に調べる事は、無いと思います。

2015/11/6 01:00:44

融資期間中に決算書を提出する義務はありません。
銀行の担当者の交代などの際に、最新の決算書を
見たいなどと言われる場合もありますが、
開示義務は無いので、見せなくても契約違反等には
なりません。>

事業立ち上げにて銀行から融資を受け、それを少し自らの借金(消費者金融)に当てるのは違法でしょうか?

資金使途で引っかかりますが、個人の借金付きなら銀行で融資を受け難いと思います。
自己資金、事業計画、担保等を加味して審査ししが、個人の借金はマイナス要素ですよ。

2018/1/12 19:34:52

日本政策金融公庫・信用保証協会からの設備資金使用使途確認について現在創業準備中です。
初期投資2000万(設備投資1550万、運転資金450万)の事業を始めるため、自己資金1000万だけでは足りないので、日本政策金融公庫に600万、創業制度融資に金融機関経由で信用保証協会に400万融資申し込みをしています。
(それぞれ設備資金としての借入れ申し込みです)日本政策金融公庫は希望通り600万の融資が許可され、保証協会は審査中です。
設備投資の場合は後で資金使途確認が入ると聞きましたが、お聞きしたいのは、①資金使途確認の範囲はどこまで(それぞれの機関が融資した金額分のみか、自己資金含めて全て確認されるのか)②日本政策金融公庫と信用保証協会ではそれぞれどのように確認を行うのか(原則振込みをすぐにさせるのか、領収書確認か、 特にないのか、などそれぞれの機関別に) というのは、融資時点で出している見積もりは概算のもので(その旨は金融機関にも伝えています)実際の金額がもう少し安くなる可能性が出てきたので、そういった場合の対応を考えてのご質問です。
よろしくお願いいたします。

①前の方が回答している通り、申請書類に書いた設備投資分全てです。
運転資金分は確認が取れません。
確認方法は領収書のコピーです。
②それぞれ、融資後何ヶ月かたったら領収書のコピーを提出してくださいと言われるだけです。
提出を求められない場合もあります。
私は求められなかった機関もあります。
それぞれの機関は提出した見積もり、業者名が違うと使用使途義務違反だと言われます。
罰則はありません。
以前出した見積もりより、安い所があればそちらで買うのは商売人として当たり前の事です。
ですがお金の出所は国の機関。
融通は聞いてくれません。
計画通りの業者、金額で買わないあなたは計画性がない人だと言われるだけです。
おかしいところなんて、たくさんあります。
国金にしろ、保証協会にしろ、私がスタートしたときは飲食店でしたが融資申請時に店舗の契約書を持って来てくださいと言われました。
契約書ですと?お金を払わないと契約なんてしてくれませんが?そのお金を払うのに申請に来てるんですが?そんなことを言っても無駄なので、自己資金で契約して持っていきました。
そしたら今度は契約時に払ったお金は自己資金として認めない。
さらに、契約料金は申請に含んではいけない。
www笑うしかありません。
そんな事を平気で言う機関です。
使用使途義務違反なんて無視して大丈夫です。
次回の融資申請が、その借入金を完済するまでできないだけです。
完済すれば違反していようが、融資されます。
ちなみに私も使用使途義務違反でした。
開業予定で忙しい時に、見積もりや購入金額の交渉なんてしてられません。
業者も買うかどうかわからない人に本気で見積もりなんて出してくれませんよ。
心配せずに好きな物買えばいいです。
業績をよくして、銀行にプロパー融資してもらえるくらいになりましょう。
使用使途義務違反の場合。
開業後、業績が思った程伸びず、運転資金を借りたくなっても、借りれませんのでご注意下さい。
違反があると困ったときに誰も助けてくれません。
と言うか、世の中困っている人は助けません。
助けるのは、困っていない人。
業績のいい人だけ。
お金持ちが、ますますお金持ちになります。

2012/6/29 02:20:32

プロミスの借入金を返済する為に、横浜銀行でフリーローンを契約しました。
資金使途は借入金の返済で登録しました。
もし、プロミスを返済した後に、止むを得ず急な出費でまたプロミスで借入をしてしまうと、横浜銀行でわかってしまうのでしょうか?誰か教えていただけると助かります。

極度額タイプの金融商品の場合は定期的に信用情報を見ています。
金利が横浜銀行の方が安かったから借り換えしたのではないのですか?もしやむを得ない出費が必要なら横浜銀行の減った枠内で借入するとか、限度額を上げてもらうとかにした方がいいと思います。
ただ普通は急な出費に備えて貯金をするものですから、返済も無理なくしながら貯金もしましょう。

2017/11/13 15:44:13

ありがとうございます。
ちなみにこの場合、プロミスでまた借入すると資金使途違反等で横浜銀行から連絡があったりするのでしょうか?>

現在融資に関する試験の勉強しているのですが、資金使途と返済方法の関係がなかなか覚えられません。
資金繰り返済と利益返済があると思うのですが、運転資金は資金繰り返済設備資金は利益返済が優先と解説には書いてあるのですが、理由がよくわかりません。
わかりやすい結びつけ方はありますでしょうか。
うまく説明できないうえ、拙い文章で申し訳ありませんが、よろしければアドバイスよろしくお願いします。

まず大前提となる話。
「売り上げ」から「仕入れや諸経費」を引いたもの(残るお金)が「利益」ですよね。
(実質的に)借入金を返そうとすると、上の大前提で分かるように「利益」でしか返せないのです。
でも、運転資金の場合、「入金」と「支払」の期間的なズレに対応するものなので、先に発生する「支払」の為に借りて、後で「入金」があったら返す。
再度「支払」が発生したらまた借りて、お金が入ってきたらまた返す。
この繰り返しで問題が無い訳です。
これを「資金繰り償還」と言います。
もちろん、「利益」が蓄積されると「お金」が貯まる状態ですので、「支払」が先に発生しても「自分のお金」で支払が出来ることもあります。
この場合は「運転資金」であっても「利益償還」が出来る状態です。
一方で「設備資金」の場合、返済財源は「減価償却費」であることが一般的です。
「減価償却費」は「費用」ですが、現金の支出を伴わない費用です。
なので、減価償却費を計上してなお「利益」が出ている状態であれば、「利益」プラス「減価償却費」の分だけ「お金」が残ります。
「返済金」と「減価償却費」がイコールと言う事ではありませんので、財源が足りなければ「利益」で賄うことになります。
借入期間が耐用年数(減価償却期間)よりも長いことは通常ありませんので、全額借り入れでの設備投資の場合は、減価償却費よりも返済金が小さいことはあまり見かけない現象です。
もし、減価償却実施後に利益が残らない(赤字)状態であると、減価償却費相当の「お金」は無いという事ですので、返済財源が不足することになってしまいます。
(この場合は「資金繰り償還」になってしまい、財務的に不健全な状況に陥る)だから「設備資金」は「利益償還」が原則となるのです。
説明としては不足する部分がありますが、不明な点があれば補足解答します。

2015/10/12 13:37:45

1億に近い政治資金を使途不明で使った自民党都議会の議員は誰だかハッキリしてもらいたい!高級クラブに行った馬鹿議員もいたな。
ほんと、こんな腐った都議会議員は辞めてもらいたい!名前をハッキリ出して、次の選挙に都民が審判をくだしてもらいたい!そうでしょう?

全く 異議 ありません 。
日本の将来を 貴方に期待します 。
都議会議員は フザケ過ぎて居る ? 。

2016/10/14 19:23:20

-資金使途

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う