資金使途

お金を借りるならどこの会社がいいでしょうか?資金使途

住宅取得等資金の贈与と住宅ローン借入額の合計が不動産の購入代金を超える場合は借入額を減額しなければ非課税の制度は使えませんか?なお、50平米を超える物件ですが住宅ローン控除は使わない予定です。
不動産価格5300万、手付金300万、諸費用300万、住宅ローン借入額4500万、贈与の金額1500万円の場合に残代金が5000万円と諸費用あわせた5300万、借入額と贈与の金額が6000万で700万が手元に残りますが、借入額を減額しなければなりませんか?不動産会社の税理士に相談したところ、通帳に1500万円あって借入額4500万円を混ぜて5300万引き落とされれば贈与の金額が使われたことになるから大丈夫とアドバイスを受けましたが本当でしょうか?また仮に減額が必要となる場合、減額する金額は5300万-1500万の3800万に諸費用300万を足した4100万、又は支払済みの手付金を除いた5000万-1500万諸費用300万を足した3800万のどちらにすべきでしょうか?補足残念ながらちゃんとした税理士です。
某大手不動産会社の税務相談をしてる先生です。
その先生は贈与の金額と借入金を合わせて支払い、申告は1500万とすればオーバーローンだけど非課税の適用になると言いたかったのでしょうけど、本当なのか怪しくて質問をしたのです。

>通帳に1500万円あって借入額4500万円を混ぜて5300万引き落とされれば贈与の金額が使われたことになるばるほど、そうかもしれません。
ただ、住宅ローンの使途は住宅購入費用となっているはずです。
「貯金」に使うのは銀行との契約違反(資金使途違反)になりますね。
つまり、ローンが優先して引き出されたと考えるなら贈与税が発生し、贈与が優先して引き出されたと考えるなら銀行との契約違反が発生します。
さらに、住宅ローン控除、受けますよね?申請には、銀行の発行する住宅ローンの残高証明書が必要で、そこには4500万に対する残高が記載されています。
「1500万」に対する住宅取得資金贈与、「4500万」に対する住宅ローン控除、どちらも申請先は税務署です。
もちろん家の価格「5300万」と合わせて申告します。
突っ込まれたときに、どう説明したら良いのか、税理士先生に聞いておきましょう。
「私は銀行をだまして4500万借りてるけども、実際の控除対象借入額は3800万です」とか、かな。
税理士先生と違って、まともな感覚をお持ちのようですから、ローンの減額申請、もしくは贈与額の減額を検討をお勧めします。
(額に関しては前の回答者さんの回答されてる通りです。
1500万のうち100万を通常の贈与として諸費用にまわすなど、小技の余地はありますが。

2016/9/29 14:37:55

銀行融資の融資目的をはかり、実際に融資できない案件の融資を多名目で受け、その多名目の案件には現金で支払うことによって、金融機関商品とは全く違う融資を建築費用にあてること。
これは、列記とした融資詐欺になるのではないでしょうか?

〇金融機関商品とは全く違う融資を建築費用にあてること。
これは、列記とした融資詐欺になるのではないでしょうか? →資金使途を偽って借りることは詐欺です。

2018/5/1 06:54:17

ありがとうござます。そうですよね。違う金融商品を利用し融資を受け、その融資は建築会社がプールし、実際はその案件の費用は現金で他人が支払うので、プールしたまま違う建築物を建築する。ただ、これを金融機関が知ってやっているという事実がありそうなのです。>

借り入れ予定なのですが・・・現在日立キャピタルで210万円を借りようと検討しているのですが,審査が通るか不安です。
現在勤務17年目(地方公務員)年収 650万円(税込み)借り入れ状況 住宅ローン3000万円 クレジットカード4枚(1枚のみ公共料金で使用 残り3枚未使用) オ○○クスカード150万円使用(200万円の枠 延滞なし) 銀行系カードローン60万円使用(200万円の枠 延滞なし)オリコ ニコスに過払い請求し解決済み。
以上の条件で審査は通りそうでしょうか?過払い請求は審査に関係ないとの話をきいたのですが本当でしょうか?また,余計なカードを解約しろ!!とのアドバイス等も頂ければと思います。

こんにちは、具体的には資金使途によると思われます単純なフリーローンであればNGでしょうが、マイカーローンなどであればさほど気にせずとおるのではないかともいます。
また過払い請求は、そのオリコ・ニコスからは今後借りられないということをのぞいては他の金融機関の審査に影響は与えません。
別にカードはそのままでも審査にはあまりインパクトを与えないと思いますよ。

2009/12/1 12:59:12

28年9月の住宅ローン金利 固定10年で0.95%って安いほうですよね?補足住宅ローンで住宅プラスリホーム代込み年収400万円以下でも大丈夫なところを探しています。

ネットやメガは400万円以下の方には金利がたかくなったりしますからね。
それらに比べたら高いですが、年収、中古にリフォームという資金使途を考えると普通かな?やすくはないです。
申込手数料、保証料も金利以外に比べるポイントですよ。

2016/9/17 11:02:21

マイカーローンを申し込む際に、仮に支払総額が150万だった場合、頭金20万でローン130万で申し込むのと、頭金50万でローン100万で申し込むのでは、審査の通りやすさは変わるものでしょうか?頭金の限度額は50万なんですが、なるべく現金で取っておきたいので、できるだけ頭金は少なくしたいのですが。
また、申し込み先は、信金のマイカーローンですが、2種類あって、3~4%金利で保証会社がオリコでかつ収入証明は不要のと、金利2%台金利で保証会社がしんきん保証基金でかつ収入証明が必要なのがあります。
どちらが通りやすいものでしょうか?なお、私は勤続4年(同一会社での契約社員と正社員での期間を合算)で税込み年収450万で賃貸住まいです。
自宅電話および携帯電話ありです。
いま現在は他にローン契約はなしです。
クレジットカードは以前所有してましたが、現金での生活にするため、 6年ほど前に解約しています。
なので、今はクレジットカードは一枚も所有していません。
使用していたときに遅延は一度もありません。
収入証明は市役所から過去3年分の所得証明書は取得済みですので収入証明の提出は可能です。

自己資金が多い程、審査は通りやすいと思いますが、①現在借入がないこと、②年収450万円、③資金使途がマイカー購入、であることを勘案すれば自己資金20万円で審査は通ると思います。
オリコでもしんきん保証でも通ると思います。
堂々と出すものでして安い金利で借りましょう。
ただし保証料が別払か金利に含まれているか、その他取扱手数料がかかるかを確認してみて下さい。
実質金利(借入に係る金融機関に支払う総費用)で比較してみましょう。

2012/4/10 05:08:56

政治資金についてですが、個人では支援者から献金とパーティーが大部分で、使い道は原則自由です。
国会議員では料亭やレストランの会合会議は政治資金を使ったりもします。
舛添知事の件であれはダメこれはダメと騒いでる人がいっぱいいますが、政治資金のどういう使い道が称賛されるのか項目を上げて教えて欲しいのです。
後、政治資金について血税であると吠えてる人がいますが政党助成金は税金ですが、一人年間250円です。
わかって血税と騒いでるのでしょうか?

政治資金とされる”お金の使途には制限がない”ようですが、その無法状態に縛りを掛けるべく”お金の使途”はガラス張りになっています。
もし、”お金の使途”に<虚偽報告・私的流用>があれば、厳しく罰せられることになります、、”法”の最後の砦さえ崩されることになるため。
<虚偽報告・私的流用>「政治資金規正法」(政治資金収支報告書) + 「政党助成法」(政党交付金使途等報告書)●虚偽報告→罰則(禁錮・罰金・懲役) ◆私的流用→刑法:横領罪(懲役)⇒「政党交付金使途等報告書」で”血税”(一人年間250円分)の使われ方は捕捉されるようになってます。
①人件費、②光熱水費、③備品・消耗品費、④事務所費、⑤組織活動費、⑥選挙関係費、⑦機関誌の発行その他の事業費、⑧調査研究費、⑨寄附・交付金、⑩その他の経費の10項目に分類される。
なお、①乃至④は政治団体が団体として存続していくために恒常的に必要な経費たる経常経費であり、⑤乃至⑩は政治団体が政治上の主義、施策の推進、指示、反対又は公職の候補者の推薦、指示、反対等の政治活動を行っていくために活動に要する経費たる政治活動費である。

2016/6/4 09:23:28

土地建物併せて2800万の住宅購入を予定しています。
会社の共済定期預金が300万限度で年利2.5%付きます(税引後年間約6万程の収益です)。
この場合、2800万+300万=3100万の住宅ローン融資を受けて、300万を定期預金に預けた方がトータルで得をするのでしょうか 自分で計算をして、約150万ほど得をする計算になったのですが自信がありません笑借り入れ期間は35年で住宅ローン金利は通して1%で計算しました。
どうかよろしくお願いします。

2800万(土地・建物)+300万(手元に現金→定期預金)=3100万で住宅ローンは残念ながら(?)組めません申し込み時に土地・建物(中には諸費用もOKのところもあり)の合計が3100万とならなければなりませんたとえば仮に建物の見積もりを300万水増しして申し込んでも、住宅ローンには資金使途が明示してあり、その証拠の提示が求められますので300万は手元に残せず、HMに振り込むしかないです(その後に現金をHMから返してもらえれば・・・ですが不正会計ですし、銀行にばれたら大騒ぎでHMも銀行に睨まれ、あなたも一括返済を求められる恐れが大です)数万円~数十万程度の誤差は大目に見てもらえるかもですが、さすがに300万の使途不明金は目立ちます他の金融商品に比べれば、格安の金利の住宅ローンですから簡単に利ザヤで差益を出されたら、利ザヤで食っている金融屋はたまったもんじゃないですから、ガードが堅い仕組みになっていますたとえばあなたが、友達に頼み込まれて無利息で100万貸したお金が、そのまま定期預金に入れられて、3年後に100万だけ帰ってきたら、どう思います?

2015/7/11 07:38:39

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。>

退職金の運用方法50歳で30年勤めた会社を退社し、転職しました。
一部上場企業での中間管理職業務にメンタルがやられそうになり、思い切って自分の好きな業界に転職しましたが、今は楽しく気楽に仕事しています。
年収は1/3に激減しましたが持ち家もあり、独り身なので特に退職金(3000万円)に手を付けるような生活になっておらず、丸々貯金として余っております。
気持ちに余裕が出てくるとこの退職金をそのまま寝かせておくのももったいないなと思い、何か資産運用をしたいと思っているのですがこういうことはまるっきりの素人なので変なものに手を出したくないなと思ってネットでいろいろ調べてます。
そこで皆さんに質問です。
3000万円余裕の資金があったら皆さんならどんな資金運用しますか?ちなみに投資信託とか金を預けてあとはお任せみたいなのは遠慮したいです。
勉強もかねて手堅く運用するならという条件でどうでしょう?

ある程度運用はした方が良いです。
老後に収入が途絶え、年金の不足分を貯蓄から切り崩して行くと、平均寿命が伸びたこのご時世3000万円はすぐに消えて無くなります。
とはいえ3000万円全てを、無勉強・未経験で運用に回すと下手すると半分くらいに減らすことにもなりかねないです。
なので3000万円を用途別で、①保険などに固めるお金、②預金に置いたままにするお金、③運用に回す金というように切り分けて考えると良いです。
私なら例えば3000万を、・①老後のために残すお金 1500万・②趣味に使うお金 800万・③運用をするお金 700万に分け、老後の生活資金としての1500万は保険などで固めてしまい、資金使途のない700万を運用します。
老後資産1500万に関しては個人年金保険や終身保険の仕組みを使い、節税してお金を増やしながら老後に年金受け取りをすれば無駄遣いしなくて済みます。
特に外貨建保険なら据置期間にもよるが1.2倍?1.5倍くらいには外貨ベースで原資が増えて戻ります。
また運用に関しては、投資信託や株式で月10万くらいで積立投資すれば、価格分散と時間分散でリスクと上手に向き合いながらお金を効率よく増やせますし、月10万なら10年積立てても600万なので、残りの100万は比較的リスク高めのモノに突っ込んでも安心できるかと。
また、外貨に関しても現在オーストラリアやブラジルも比較的円高傾向があるので、難しい事が嫌いであれば金利の高い外貨預金に預けておくのも一つの選択肢です。
他の回答者で国債の年利が5%と言っている方がいますが、いま現在の国債の年利は0.05%程度で定期預金に毛が生えた程度ですので、とても将来のインフレには対応できません。
とはいえあくまで投資は自己責任であり、リスクと上手に向き合う事が大切です。
正しい金融知識と税務知識があれば同水準の収入を得ている人より2倍くらい生活水準が変わるものなので、一度保険の仕組み、投信・株式の仕組み、外貨の仕組み、税金の仕組みなど、自分に興味のあるものについて簡単に勉強することをオススメします。

2017/4/15 12:23:58

教育資金贈与信託と学資保検についてお聞きします一括払いで孫の為にしようと思ってるのですが、違いやメリットデメリットを教えて下さいお待ちしています

誤解を恐れずに言うと、正々堂々と資金を渡せるか否かの違いです。
どういう事かと言いいますと、学資保険の場合は(申告しない限り)どうやっても贈与税の問題(心配)が付きまとうということです。
一方、教育資金贈与なら、贈与には違いありませんが非課税制度のため、贈与税の心配をせずに渡すことができます。
学資保険における税務上の契約者とは、保険の名義人ではなく、実際に保険料を負担する人、つまり質問者様となります。
つまり契約者が祖父母、受取人が親となり、祖父母から親への贈与と見做されるわけです。
過去に同様の質問をされた際の回答に、贈与税が課せられない旨の意見がありますが、これは正しくありません。
年間110万円の非課税枠内で渡すなら問題ないという意見もありますが、このケースにおいては無効です。
なぜなら、本来一括で渡すはずの保険満期金400万円+αを4回等に分けて渡すに過ぎず、定期金に関する権利贈与があったものとみなされる可能性があるからです。
では、学資保険を一括で支払わず、親を契約者とした上で、保険料として年間非課税枠110万円の範囲で渡して行ったら大丈夫かと言えば、これについてもやはり贈与税が課せられる可能性があります。
最初から毎年の保険料を質問者様が支払う約束であれば、定期金に関する権利贈与があったとみなされるでしょうし、そもそも、実質的な保険料負担者が質問者様である以上贈与であることに違いがないからです。
ただし、実際には、こうしたケースで申告して贈与税を支払っている人はほとんどいないでしょう。
税務署からのお尋ねが来る可能性は一般にかなり低いと言えるでしょうが、それでも理屈上は贈与税を支払う必要があるということは理解して契約する必要があると思います。
個人的には学資保険は契約せず、年間110万円の範囲内で贈与していく方法が、(贈与税を回避する方法としては)無難だと思います。
その際は、連年贈与と取られぬよう定時定額の贈与を避け、通帳は親が管理すると言った対策が必要になります。
より完全な対策をするには、110万円を少し超えた金額で贈与し申告する、贈与の都度贈与契約書を交わすといったやり方もあります。
では、教育資金贈与については、何の心配もなく契約してよいか?と言うと、やはりいくつか注意すべき点があります。
①資金使途が厳格に管理される予め使い道が決まっており、払出しの都度領収書等を提出する必要があり手続きが煩雑です。
②孫が30歳までに使い切らなかった分には贈与税が課せられる予定を立てずに大きな金額を贈与してしまうと、この問題が起こりかねませんので計画的に資金贈与する必要があります。
③学資保険と違って増えない一括で支払う学資保険なら支払った保険料の110%程度に増やして(1割増しで)受取ることができますが、教育資金贈与は増やすことができませんこのようにデメリットもある制度ですが、贈与税の心配をせずに教育資金を渡したい、とお考えなのでしたら検討してみるのもいいかもしれませんね。

2015/11/26 08:16:57

お金を借りるならどこの会社がいいでしょうか?

目的が自由な資金使途が決まってない借入ならどこで借りても大差ありません。
目的が決まっているなら銀行、信用金庫がいいでしょう。

2017/4/13 07:20:39

-資金使途

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う