質権

「質権の設定を受けた者」とは質権者、質権設定者のどちらなのでしょ...質権

動産質権者の目的物から生じる果実に弁済を図るには、まず利息から充当しないといけないらしいですが、これは、変更することはできるのでしょうか?元本に充当した方が、債務者に有利ですし、債権者の場合に自己から任意で元本に充当するということは、不利益を自己で招来させているので、問題ないのではないでしょうか?350条297の2条補足留置権者は、留置物について優先弁済権があるのではないでしょうか?元本でも利息でも。
実質的な。
複利子以外の利子の場合、元本と利息の利率が違うのでしょうか?利息とは遅延損害金とちがいますでしょうか?

>動産質権者の目的物から生じる果実に弁済を図るには、まず利息から充当しないといけないらしいですが、これは、変更することはできるのでしょうか? 当事者が合意すれば、可能です。

2016/3/1 03:20:18

あまり聞きませんが、土地に根質権を設定することは可能ですか。
また、土地に係る買戻特約に根質権を設定することは可能でしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
補足買戻特約に質権はつくと思いますが、質権がつくものは、根質権もつくと考えて良いでしょうか?

土地への根質権設定は可能です。
質権の被担保債権が不特定、ってだけの話です。

2014/7/29 12:37:00

そうなんですね。ありがとうございました>

質権設定付の火災保険が来年満期を迎えます。
質権設定し更新するのか、設定せず更新するのかは契約者である主人が決められるのでしょうか?それとも質権者である銀行に設定有無の確認をすべきなのでしょうか?

uytuiooさんはずいぶん営業熱心ですねぇ。
未来住まいるとやらを1契約取ると、いくら懐に入ってくるんですか?

2014/12/26 18:44:05

不動産質権者は、不動産を使用収益することができるから、当事者間で特約をしても利息を請求することはできない。
答えは×なんですが、×の意味が分かりません。
確か不動産を使用収益できるので、利息もそのままもらえると聞いたことがあります。

はじめまして、不動産質権は、財産的価値を質権者に譲って、使用する権利は所有者にあります。
使用する権利があるのですから、それだけで利息はカバーできます。
それが理由ではないでしょうか?

2016/3/31 20:56:59

最近銀行で住宅ローンを組むときに、質権を設定しないのはなぜですか?私の解釈は、抵当権設定するのみで火災にあったときの火災保険金が物上代位されるからだとおもいます。
ただ、そう考えるとなぜ今まで銀行は、質権をとって来たのか?考えたらよくわからないです。
わかる方よろしくお願いします。

質権設定していれば、罹災して保険金を支払う際に「質権者の同意」が必要になりますので、金融機関が知らないところで保険金が支払われる危険がありません。
また、質権設定の順位に依る優劣の問題もハッキリしています。
今の金融機関は素晴らしいので、担保不動産を完ぺきに管理できているし、債務者も金融機関を裏切るようなことは絶対に無いから質権設定が不要になったのです。
(これ完全にジョークですよ!)結局は「質権設定」にかかる管理事務の煩雑さと、「質権設定を止める」ことで現実に発生するリスクの大きさとを天秤にかけた結果だと思いますよ。
堅く考えると質権設定はしていた方が本来は安心なのです。
しかし、その管理には膨大な手間がかかります。
住宅ローンなどは大抵の場合「ローン期間」に応じた長期保険の加入を義務付けていますが、法人向け融資の一般物件の場合は「1年更新」が殆どです。
この保険の更新の確認と質権設定(確定日付の徴求まで)の手続きに要する手間は驚くほどの負担があるのです。
金融機関に依って対応が分かれますが、最初はプロパー融資(一般的な事業資金)の担保物件に対して「質権設定」を廃止しました。
信用保証協会や保証会社の保証があるものについては、未だに質権設定を廃止していない金融機関もあるのではないでしょうか?(これは全ての金融機関の事情を知る訳ではありませんので確実なことは言えません)これを徐々に対象拡大して「そんなら全部やめちゃえ」みたいな流れではないでしょうか?公式には法的な根拠が必要でしょうが、現場を見てきた者として実態はこういうことだと理解しています。

2014/9/25 11:25:56

質権者と質権設定者の違いを教えて下さいm(_ _)m

質権者:質屋質権設定者:質入れした人

2017/4/6 06:46:07

被担保債権弁済期前に目的物が滅失した場合、質権には物上代位が認められますか?

認められますが質権故に注意が必要です「質権」ですので債権者が占有してますが民法298条の留置権を準用して第二百九十八条 留置権者は、管理善良な管理者の注意をもって、留置物を占有しなければならない。
とありますので滅失の仕方によっては逆に責任を問われます

2014/12/30 13:53:06

指名債権を質権の目的とした時、第三債務者に、質権の設定を通知し、または第三債務者がこれを承諾しなければ、これをもって第三債務者その他の第三者に対抗することができないのはなぜですか?

第三者への対抗要件を満たさないから。

2017/1/20 17:52:29

抵当権と質権の違いを、具体例を用いて説明して下さい。
よろしくお願いします。

じゃ最初から行きましょうかまず質権民法第三百四十二条 質権者は、その債権の担保として債務者又は第三者から受け取った物を占有し、かつ、その物について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。
次に抵当権民法第三百六十九条 抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。
どちらも担保物権(つまり借金のカタ)なんですが、上記条文でわかる通り、質権は実際に「借金のカタ」を債権者に渡す(占有)のに対して、抵当権は「占有を移転しないで」成立するのが大きく違う点ですその為、抵当権は誰かが借金のカタにとってる事が登記簿に載るような不動産(とその権利)にしか設定する事は出来ません質権の方は債権者が実際に所持・占有してしまうので「借金のカタ」ってわかるので、一般の動産や債権にも設定出来ます簡単な説明ですが

2016/4/5 23:52:09

「質権の設定を受けた者」とは質権者、質権設定者のどちらなのでしょうか。
どなたか御回答お願い致します。

質権者のことです。

2018/4/14 21:52:10

-質権

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う