質権

住宅の火災保険について。 先日郵送で加入している保険会社から『設定...質権

生命保険の死亡時の他人の受取りについての質問です。
10年ほど前に知人に数百万を貸し付けて返済期日を定めずに借用書を取り交わしました。
その時に受取人を私にして生命保険に入っているとの事でした。
家族が大病を患い先日、返済請求しましたら”今は返済できるお金がないけれど、私の受取で掛けたままになっているので、それで相殺して欲しい”との事でした。
知人には奥様がいらっしゃいますし、保険証書もわたしは持っていません。
また万が一死亡時であっても他人の私が死亡診断書などの必要書類を用意できないので、私が保険を受けとる事は出来ないと思うのですが。
受取人の名義が私であっても全くの他人の私が死亡時の保険を受け取る事が出来るのでしょうか。

金融機関等が質権設定する事はありますが(質権設定なら親族でなくても受取人になれます)受取人は通常では2親等以内の血族が原則ですから他人のあなたが受取人になどなれません個人間で質権設定出来るとは思えませんが、質権設定の手続きはしていないでしょうから あなたを受取人にした生命保険など加入していないでしょうねあなたは生命保険の内容を知っているのですか?証券を見せて貰ったのですか?あなたを受取人とした生命保険など作り話でしょうね返済期日を定めていない貸し借りですから、一括返済の期日を指定して(半年後とか1年後とか)返済するように通達をして下さい(弁護士等に相談した方が良いですね)

2015/4/12 12:10:34

不動産質権の第三者対抗力について・・・質権者が質権の設定を受けたあとに質権設定者に質物を返還した場合、動産質では質権を第三者に対抗することができなくなるが、不動産質では質権の効力に影響がない。
→ (答え)○不動産質権者が目的物を質権設定者に返還した場合、質権自体は消滅しないが、当該不動産質権を第三者に対抗することがきない。
→ (答え)×以上の問題について、私としては不動産質の第三者対抗要件は「登記」である、と理解しているのでそれぞれの問題に「登記をしている」と書いてあれば理解できるのですが、そう書かれていないということは「質権を設定している」=「登記をしている」ということなのでしょうか、、、そうとも思えないので、どなたか上の解答を「登記」との関係で説明お願いします。
なぜ「登記をしている」とはっきり書いていないのに第三者対抗力があることになるのか、という点がわかりません。

資格試験の設問って、意外と「舌足らず」なものもあって、「え?なんで?」みたいなことになる事がありますよね。
特に最初の頃は慣れないので特にそうです。
資格試験について、「過去問は重要だ」というのは実はこの点にも意味があるのです。
それぞれの資格試験によって、設問文章の書き方に癖というか特徴があるので、これに慣れてしまわないことにはこういう所で引っかかったりして悲しい思いをしてしまいます。
(^^;これらの問題についてはおそらく「適法に設定している」ということを前提に設問を作成している傾向にあるのではないかと思います。
過去問を多く当たってみてください。
おそらく不動産質権の問題以外にもこういう「癖」があることが判るのではないかと思います。
ちなみに、不動産質権について、質問者さんの理解で誤りはありません。
あくまでも第三者に対する対抗要件は「登記」ですから、登記があれば占有を失っても不動産質権は消滅しませんし対抗もできます。

2012/3/12 17:21:54

【民法】譲渡担保のくせに担保物を担保権者が占有することもあるそうです。
どの辺が譲渡担保なのですか?どう見ても質権と変わらないと思うのですが。
ご教示よろしくお願いします。

そんなもん、当事者がどう決めるかだけの話ですよ。
質権になると流質ができんの競売掛けろの小うるさいから、非典型契約で打ち取ってるだけの話。
あなたの理解のために法律があるわけじゃないんです。

2016/7/9 11:52:10

友人にお金を貸すのに、公正証書を作成したいのですが、離れているので、郵送でのやりとりにしたいのですが、可能でしょうか?また、お金の賃借の公正証書作成には、どんな書類が必要でしょうか?

公証役場に出頭する必要があるので郵送だけではできないはずです。
必要書類①当事者本人が公証役場へ来る場合本人の写真付の公的身分証明書と認印 又は 印鑑登録証明書と実印(印鑑登録証明書は、発行後3ヶ月以内のもの)②代理人(弁護士など)が公証役場へ来る場合1 本人から代理人への委任状(実印を押印し、契約内容を全て記載したもの2 本人の印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)3 代理人の写真付の公的身分証明書と認印 又は 印鑑登録証明書と実印(印鑑登録証明書は、発行後3ヶ月以内のもの)なお公正証書にしておくメリットは裁判なしで強制執行できること、契約内容を明確にしておけることくらいです。
相手に返済能力や財産がない場合は取り立てできないので、質権や抵当権を設定できないなら貸さないことを強く勧めます。
日本の民法では、借りた側のほうが貸した側より断然強いです。

2017/4/4 14:49:07

有難うございます!貸主と借主の双方が出頭する必要がありますか?>

民法360条361条について質問です。
360条によって10年が経過した場合、361条において抵当権の実行にて債権者の物になるのですか?

第360条 不動産質権の存続期間は、十年を超えることができない。
設定行為でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は、十年とする。
2 不動産質権の設定は、更新することができる。
ただし、その存続期間は、更新の時から十年を超えることができない。
10年経過した時点で更新がされなければ不動産質権が消滅するだけの話です。
債務不履行がないんだったら質権実行なんかできるわけありません。

2015/6/24 07:59:53

住宅ローンの質権設定について教えてください。
11年前に住宅ローンを夫が組みました。
その時火災保険の質権設定されました。
そして2年前に離婚してその家を財産分割分として、私の所有となり名義変更しました。
住宅ローンは元夫が支払っています。
家を名義変更してからは火災保険は私が一年契約で入っています。
先日ローンをくんでいる銀行から電話があり、火災保険の証券を請求されました。
ローンの契約は元夫(他人)でも根抵当権のある銀行に火災保険の証書を渡さないといけないのでしょうか?元夫はきちんとローンは返済し続けてくれています、今のところ私はローンの連帯保証人にはなっています。

厳密な意味での法的義務があるかというと難しいところです。
しかし、仮に火災が起きた場合、銀行は抵当権に基づく物上代位として保険金を差し押さえることが出来ます。
あらかじめ火災保険に質権を設定しておけば差し押さえのコスト(最終的には債務者である元夫と連帯保証人であるあなたの負担となる)が節約できることになります。
つまり、質権を設定するために銀行に渡してもあなたの損にはならないということです。

2014/2/7 17:14:32

宅建の勉強をしているのですが 留置権 に 物上代位は 認めていないなんとなくイメージは掴んでいるのですが、質権は不動産に設定できるとしています。
Aがお金を借りるためにA所有の不動産を質権設定としAは Bからお金を借りました。
(Bが質権者) この場合A所有の家は現在Bが使用しています。
Aの家が火災で焼失したばあい、火災保険の受け取りはAが受け取る事に、なるのですか?うまく 書けないんですが 不動産質権設者って留置権もあわせて持ってるんじゃないんでしょうか?

留置権、先取特権、質権および抵当権について、それぞれの意義、性質、効力をきちんと理解することが基本です。
例えば、「不動産質権設者って留置権もあわせて持ってるんじゃないんでしょうか」というような疑問は、質権の意義を理解すれば解決します。
質権とは、債権者がその担保として債務者又は第三者から受け取った物を債権の弁済を受けるまで占有(留置)して弁済を間接的に強制するとともに、債務が弁済期までに弁済されない場合には、他の債権者に優先してその物から弁済を受けることのできる約定担保物権です(民法第342条、第347条)。
物上代位性については、先取特権についての規定(民法第304条)が準用されており「目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。
」とされます(民法第350条)。
民法の学習においては、用語の基本的な理解とそれを条文で確認する姿勢が大切だと思います。

2017/5/5 19:44:32

登記された賃借権を目的として、質権を設定できますが、質権を設定できないとの賃借権設定登記に、特約を登記することはできますか?

賃借権には、質権の設定を禁止する旨の特約の登記をすることはできません。
理由賃借権の登記事項は、不動産登記法59条各号の定める事項のほか、同法81条各号に定める事項に限られており(不動産登記令別表38)、その中に上記特約は定められていないからです。

2014/3/22 17:48:59

特例登録質が配当を受けられないのはなぜですか?

株券を占有する略式質権者が配当を受けられないからです。
株券を廃止したからといって、急に配当を受けられるようになったら変でしょ?

2016/1/1 21:55:42

住宅の火災保険について。
先日郵送で加入している保険会社から『設定されている質権を抹消した』との連絡が来ました。
これはどういう意味なのでしょう?

貴方がローンを完済し、金融機関から保険会社へ質権抹消の連絡が来たので、それに基づき抹消したという事です。
この場合には、貴方の印鑑は不要です。
貴方は今後は事故があれば、直接保険金が受領できるようになります。
今までは、事故があれば保険金は質権者である金融機関へ直接払われるようになっていたのです。
(ローン残額を限度としてですが・・)

2014/9/12 20:28:21

-質権

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う