住宅金融支援機構

住宅金融支援機構で結果待ちです。 可決されたら提示されてる条件を満...住宅金融支援機構

住宅金融支援機構の本審査について詳しい方お願い致します!先日、フラット35提携機関での事前審査が通過しまして、現在機構での本審査中です。
よく「提携機関によって事前審査時は信用情報全て確認しない所もあるため事前審査はたいした意味を持たない」と言う話を耳にするので、事前審査の通過の知らせを担当者から頂いた時に「信用情報をすべて確認した上での通過ではないんですよね?」と確認したところ、「今回事前審査を出した提携機関は、全ての信用情報を開示したうえで事前審査をしているので信用情報には問題なかったと言うことです」と言われ、安心していたのですがであれば何故、事前審査通過しているのに機構の審査でNGが出る事があるの?!とやっぱり機構独自の個人情報の調査があるのでは?!とまたまた不安になって来ました…。
と言うのも、実は2007年の12月にソフトバンクの新規契約をし、端末代金を24回の分割で購入しました。
その後恥ずかしながら数回、料金の支払いが遅れてしまった事がありました。
(支払方法はカード払い等ではなく、支払用紙でコンビニ払い)その後、ソフトバンクは2010年2月(ちょうど2年前)に機種の支払いを終えたのと同時に解約しました。
それから携帯料金を始め、カード関係も含め支払い遅延は一切ありません。
ソフトバンクはCIC加盟をしているとの事で料金遅延したら信用情報に載せると言うことらしいので どうしても2008年~2009年の間でのソフトバンクの料金遅延が今回の本審査に影響してしまうんではないか?と不安で眠れない毎日です…。
勿論、遅延した自分が悪いんですが今回の物件はかなり気に入っているので2~3年前の携帯料金の遅延で本審査NGになったら本当にやりきれない…と不安で仕方ありません。
やっぱりこれは本審査にかなり影響してしまいますかね?どなたか住宅金融支援機構の本審査に詳しい方または同じ様な事があったが、本審査には特に影響がなかったと言う方いらっしゃったら、教えてください!宜しくお願い致します!補足皆様、詳しいご回答ありがとうございます!コンビニ払いの携帯料金の遅延はそこまで深刻に考えなくてもよさそうですね!ただ、ご回答者の方の『頭金か少ないとまず否決』の回答に更に不安になってしまいました。
恥ずかしいですが、今回そんなに多くの頭金を用意しているわけではありません。
頭金が少ないとそれで否決になるのであれば事前審査でNG出して欲しいですよね。
期待だけ持たせるわけですから…

通常の金融機関が行う住宅ローン審査の場合、事前審査でも本審査でも審査基準が変わらないため、事前に通って本審査に落ちる場合はほとんどありません。
(信用情報に変化がなく、物件に問題なければ通ります)ただし、フラット35の場合、提携金融機関と住宅金融支援機構の審査基準が同じではないため金融機関の審査に通っても、機構の審査で落ちることはあります。
個人信用情報を見て、金融機関が「問題ない」と判断したとしても住宅金融支援機構は問題視する可能性もあるということです。
これが事前審査をとおり、機構の審査でNGとなるカラクリです。
ただ、住宅金融支援機構はCICの加盟していませんので支払い遅延程度なら確認することは出来ないですよ。
だからソフトバンクの支払い遅延は問題ないと思われます。
交流情報に載るレベルの延滞なら問題ですが。
以上、ご参考まで。
補足読みました。
頭金が少ないとそれだけで否決と言うことはありません。
住宅ローンの審査は年収、勤務先、勤続年数、信用、自己資金、物件他の借入、借入金額などをスコアリングして判断します。
頭金があるに越したことはないですが、それ以外に問題がなければ審査には通ります。
機構の審査基準は返済負担率以外オープンにされていないし理由も申込者には伝えられないので「返済負担率がギリギリで頭金が少ないとまず否決」などは単なる都市伝説です。
あまり気にしない方が良いですよ。

2012/2/16 09:23:29

住宅金融支援機構とは、保険会社のことですか?

ちがいます住宅購入建設資金の貸付などを行う独立行政法人です。
独立行政法人住宅金融支援機構法 第4条よりlaw.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO082.html

2017/4/15 00:56:43

住宅金融支援機構とは銀行のことですか?

住宅金融支援機構は金融機関ではありません。
民間の金融機関では長期固定金利の住宅ローンを取り扱うにはリスクが大きいため住宅金融支援機構は、フラット35を取り扱っている数多くの民間金融機関から住宅ローン(フラット35)を買い取り、それを担保とする債券を発行することで長期の資金調達を行い、民間金融機関が長期固定金利の住宅ローンを提供しています。
ですから住宅金融支援機構のフラット35で借入をする場合も窓口は民間金融機関となります。

2012/1/4 09:30:55

住宅金融支援機構のローンで年4%の金利が高いと思い取り扱い銀行へ行って相談したら住宅金融支援機構のものは銀行で下げられないとのことです。
本当ですか

motimotinn11さんの仰せの通りです。
銀行は単なる代理です。
しかし4%というのはかなり金利が高い時代の融資ではないでしょうか。
借り換えるのなら今がチャンスだと思います。
残債の状況にもよりますが、今のを継続した場合と、融資手数料等を新たに支払って借り換えた場合の、今後の返済総額を比較して判断されると良いと思います。
なお一度実行された固定金利のローンは、途中で金利を変更してもらえる事はありません。
『他の』金融機関で借り換えをするしかありません。
もちろん、支援機構の代理をしている民間銀行独自のローンへの借り換えはできます。

2016/12/28 00:36:07

住宅金融支援機構について住宅金融支援機構は一流企業ですか?ここで働いているというのは自慢できる事でしょうか?

昔で言う「準官公署」扱いになりますね。
かなり良い所だと思います。
安定しているし、地方出身でも出世コースに乗れますし。
その代り日本全国への転勤が数年ごとにあります。
若手の頃は官舎と言うか社宅に入れますが、上に行けば若手に譲らないといけないため単身赴任だと二重生活で生活費がかさみます。
一度地元を離れると、何十年も帰れない(転勤がない)場合もあります。

2017/10/6 08:46:53

大家さんが賃貸物件ローンでお金を借りるとき、どこから借りますか?住宅金融支援機構とは簡単に言えば何ですか?

アパートローンのことかな?大抵はどこの銀行でも取扱っています。
住宅金融支援機構でも扱ってますね。
また、住宅金融支援機構とは、ザックリ言うと住宅ローン業務を国が行っているということです。
全期間固定金利と言ううたい文句で営業してます。
フラット35とかテレビCMでも流れています。

2016/8/19 09:19:59

住宅金融支援機構の審査に通らなかった場合、違う物件で申請、審査はしてもらえるのでしょうか?

住宅金融支援機構のフラット35をどこの窓口(金融機関)で申し込んだのか分かりませんが、違う金融機関では可能かと思います。
何が理由で審査が否決されたか分かりませんが、信用情報でNGだった場合は、同じ窓口だと担当者の時点でNGを出すでしょうし、他に変えても最終的には機構が判断しますので結果は同じです。
物件が理由とか、減額などの条件でOKなら担当者が言うと思いますので、機構以外の商品で考えた方がいいかと思います。

2011/6/30 09:24:03

住宅金融支援機構について質問ですローン返済中の金利交渉は一切応じてくれないと云われていますが、本当なのでしょうか?実際はどうなのかご存知の方おられましたら宜しくお願いします。

住宅支援機構のローンは債権化され様々な企業に売られてしまいます、、で、その時金利は固定で決まるからこそ売れるため、、金利交渉は出来ない仕組みなのは、致し方ないですね。

2015/8/8 08:53:48

回答ありがとうございます!
勉強になりました。>

住宅金融支援機構でおこなっている住・My Noteで一部繰上げ返済シミュレーションをおこないました。
その中に、「総返済金額」と「お借入金残高」と言う記載があります、この違いは何なのでしょうか?それぞれの意味を教えて下さい。

・総返済金額は 金利を含めて支払う返済総額 過去分も未来分も元金と金利の合計額です・お借入金残高は 借入している元金の残高で金利は関係ない

2017/3/2 09:37:55

住宅金融支援機構で結果待ちです。
可決されたら提示されてる条件を満たして本契約をする流れなのですが、住宅金融支援機構では本審査一発だと聞きました。
一応仮審査というものを通しました。
その時求められてクリアする前提の条件は不動産屋さんが考えたのでしょうか?

不動産屋は関係ありません。
提携している金融機関が、機構の審査基準を基に金融機関で審査するのが、フラットの事前審査です。
以前はフラットは一発が当たり前で数年前から、金融機関の窓口で事前審査も出来様になりましたが、機構と同じ基準で審査をしていますが、一般の事前審査と比べ、本審査で結果が変わる事が多い様です。

2017/6/26 10:06:31

回答有難うございます。金融機関からの条件付き承認ということでしょうか?これが銀行ならほぼ可決、フラットだから確実なところではない、という認識でいれば良いでしょうか。>

-住宅金融支援機構

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う