住宅金融支援機構

住宅ローン借り換えについて 知り合いの65歳男性 会社員 年収500万円 ...住宅金融支援機構

住宅金融支援機構のローンの支払いが滞り、いろいろ工面をしているうちに「競売開始決定通知」を受取ってしまいました。
半月後には執行官の訪問調査が決まりました。
埼玉県在住ですが、裁判所の執行官の訪問調査は通知受領の約2ヶ月後と聞いていましたが、意外と早い調査実施にますます焦っています。
病気を抱えており、いつ倒れてもおかしくない状況でもあり、もしかすると余命もそれほどないのかもしれません。
せめて、家族に『家』は残しておきたいと考えています。
競売開始までに、住宅金融支援機構に委託された債権者(H社)に債務全額を返済しようと、工面に走り回っている状況です。
もし工面できれば、万が一の場合、生命保険で貸していただけた方に迷惑をかけないことは可能です。
しかしながら、工面前に万が一の際は、「競売開始決定通知」受領後でも、団体信用生命の保証は受けることは可能なのでしょうか?入札開始前までに債務が解消できれば、債権者から競売の取り下げをしていただくことは可能と聞いています。
債権者に問合せても、団体信用生命の保証については住宅金融支援機構に確認してほしいとのこと。
住宅金融支援機構の説明では、債務が残っていて、保険料が支払われているうちは、保証の対象とはなると聞きました。
しかし、こうなる段階までに、その他のことでいろいろ問合せ、確認を行ったなかで電話応対者の画一的な回答に素人判断で諦め、あのときああしておけばよかった、別の方法もあった・・・と言うことも実際に発生しているため不安があります。
どなたか、詳しい方、お教えいただけませんでませんでしょうか?もちろん法律事務所にも相談していますが、任意売却か競売かは本人判断とのことであり、場合によっては任意売却の方が、早く解決を迫られることもあると説明を受けています。
補足わかりにくく、かつ長々とした文章で申し訳ございません。
質問の主旨は以下の部分です。
万が一の際(=本人死亡)は、「競売開始決定通知」受領後でも、団体信用生命の保証は受けることは可能なのでしょうか?よろしくお願いいたします。

はじめまして、任意売却推進センター、株式会社ライビックス住販の代表をしております、木原洋一と申します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて住宅ローンにお悩みになり、現在は「競売開始決定通知」を受け取っているということですね。
私もそのような状況に置かれたことがありますので、大変な状況と、お察し申し上げます。
質問者様のご質問について・・・「万が一の際(=本人死亡)は、「競売開始決定通知」受領後でも、団体信用生命の保証は受けることは可能なのでしょうか?」とのことですね。
団信については、代位弁済が行われることによって、契約が解除されます。
ですので保証は受けられません。
では代位弁済とは何かというと・・・・住宅ローンの保証会社が、債務者に代わって、住宅ローンを貸している金融機関に一括で支払うことです。
住宅ローンの支払いができなくなって、一定期間経過すると、代位弁済がなされます。
団信解除後に、質問者様に万一のことがあれば、残りの住宅ローンに対する保険金は下りませんので、残された大切なご家族が窮地に追い込まれることにもなりかねません。
すでに法律事務所にもご相談をされているとのことですが、弁護士さんによっては自己破産を勧められたりするかもしれません。
ですが、住宅ローンの問題は、不動産会社に相談されることをおすすめいたします。
弊社では、不動産のことだけでなく、金融機関との話し合いなども含め、質問者様の現状に応じて最善の方法を探してまいります。
ご病気も抱えていらっしゃるのであれば、治療に専念できるよう、住宅ローンの問題については少しでも負担が減るよう、ご相談されてみてはいかがでしょうか。
任意売却については、競売開始決定通知を受けてからでも大丈夫です。
まだ間に合います。
私たちが債権者(金融機関または保証会社)との間を取り持つことによって競売の申し立てを取り下げてもらい、任意売却に切り替えることが可能です。
日程的な問題などによって取り下げができない場合でも、競売と同時進行で任意売却に向けた活動をすることができます。
ただし、残された時間はそれほど多くありません。
理論上では、開札期日の前日まで競売の取り下げは可能ですが、ほんの数日間で買主を探したうえで、債権者が納得する価格による売買契約を終わらせることは極めて困難です。
現実的には「期間入札の通知」を受ける頃が任意売却のタイムリミットでしょう。
livix-web.com/keibai/早めのご相談を、お待ちしております。

2013/5/27 11:07:41

住宅金融支援機構の審査について現在全宅住宅ローンを通して住宅金融支援機構の「フラット35S」を審査中です。
先日、仲介している不動産業者から住宅金融支援機構の仮承認を受けたとの連絡がありました。
この仮承認というものはどういったものなんでしょうか?既に信用情報の審査や年収などの審査、返済比率などの審査も終わっていて、適合証明の提出を残すのみということでしょうか。
物件に関しては適合証明省略の中古マンション物件となっています。
また、本日なんですが、クレジットカードの解約をしたつもりだったものが解約されていないことが判明し、今朝方急いで解約をしまいした。
この解約という情報がもとになって最終的にNGとなる可能性もありますでしょうか?よろしくお願いいたします。

提出先のローン会社にもよりますが、仮承認は約80%が通過します。
仮といっても本承認ではありませんので気をつけてください。
表面はオーケーでも本人の個信や過去の履歴で否決の場合も多々有ります。
よって先走りで例えば家具や生活備品の購入は避けるべきです。
また、カードの解約というよりも過去の(知らず知らずの)延滞等の方が問題になります。
ご参考までに!

2012/12/31 11:03:40

A銀行と住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)より、住宅ローンの借り入れをし、A銀行より住宅ローンの引き落としをしています。
10年前に離婚をし、財産分与として、住宅ローン名義は元夫のまま、住宅の所有権を私名義に変えました。
(A銀行の住宅ローン契約違反とは知らずに・・・)今回、金利があがり、ローン支払いの見直しをかねて、借り換えるつもりでA銀行に相談したところ、今の金額を、そのまま債務引き受け(ローン名義変更の為)という形を取らなければいけない、そのあと、借り換えをしてくださいといわれました。
そうなると、名義変更の手数料・諸費用がかかり、さらに借り換えの諸費用がかかってしまいます。
このような状態で、B銀行(他行)で私一人で借り換えができますでしょうか。
※連帯保証人は姉がなってくれます。
A銀行のいうとおり、一度、名義変更してからではないと、借り換えはできないのでしょうか。
※私の収入、姉の収入は問題ないと考えてください。
よろしくお願いいたします。

A銀行とすれば元ご主人の名義のローンをB銀行から振り込まれたあなたの名義のお金で返済するわけにはいかないのです。
B銀行で借り換えローンを受けてくれるかはB銀行次第で我々には答えようがありません。
むしろ、B銀行のほうでローン名義がご主人では具合が悪いはずですが。
連帯保証人は普通は不要です。
A銀行での諸費用は多くて5から7万というところでしょう。
借り換えは数十万かかります。

2017/9/19 16:51:30

住宅金融支援機構とは、間に銀行ははいっていないのですか?普通は銀行と提携しているローン会社が仲介して住宅ローンを組むのではないですか?

銀行融資の保証をします。

2018/1/22 19:28:32

住宅金融支援機構の住宅ローンについて現在,機構でローンを組んでいます。
連帯債務者等なく単独です。
機構では団信に加入せず,その担保に,生命保険(収入保障)をかけています。
機構では,このように書いてあります。
www.jhf.go.jp/customer/hensai/attension_honnin.html(1)仮に,債務者である私が亡くなった場合,相続人である妻子は,その住宅ローン残額を一括弁済になるのでしょうか?(期限の利益を当然に喪失するのでしょうか?)(2)債務を受継して,当初契約通り支払いをすることは可能でしょうか?(3)債務を受継する際,主婦の状態でも(返済資力は,遺族年金と,生命保険になる見込み)受継は可能なのでしょうか?機構ホームページには,融資住宅を相続された方が債務を引き継ぎ、ご返済をしていただきます。
相続人が複数いる場合は、法定相続人のうち、返済能力のある方がお一人で機構(旧公庫)の債務を引き継ぐようお願いしています。
とあります。
詳しい方,経験された方教えてください。
よろしくお願いいたします。

・団信に加入してないので一括完済はないです。
・普通に資産と負債を相続し奥様名義で継続して 返済することはできます。
・債務を相続するだけですから審査を受けて残債の 借入をあらたにする訳ではないので審査は関係 ないと思います。

2016/10/31 15:54:27

ご回答ありがとうございました。端的,適格なご回答をいただきました。参考にさせていただきます。>

沖縄振興開発金融公庫の個人住宅資金と、住宅金融支援機構のフラット35は別物ですか?最近から新築を考えていてローンをどこで組めばいいか考えていて、疑問に思ったので質問しています。

別組織であれば、別と考えようではないか。
下かまた、「金融商品の名前」が、フラットと同一であれば、同じ金融商品である。
沢山の融資機関が、販売しているからな。
窓口で確認したまえ。
この回答を見せよう。
おいらはええぞ。
幸せにな。
そうそう、借りるはよいよい。
還すは怖いぞ。
チッカリ。
お幸せに。

2016/8/25 08:01:46

住宅金融支援機構の住宅ローンを完済し、自力で抵当権抹消登記をしようとしています。
「登記申請書」の書き方で分からないところがあるので教えてください。
住宅金融支援機構の住宅ローンを完済し、自力で抵当権抹消登記をしようとしています。
「登記申請書」を東京法務局からダウンロードしましたが、一箇所書き方が分からず困っているので、教えてください。
分からないのは「義務者」の欄の「代表者の氏名」です。
説明には、「抵当権者である銀行等の主たる事務所の所在地,商号及び代表者の氏名を記載します。
この記載が登記記録(登記事項証明書)に記録された内容と一致していない場合は,登記記録(登記事項証明書)上の事務所の所在地及び商号から現在のものまでの変更の経過が分かる会社・法人の登記事項証明書を添付します。
」と書いてあります。
銀行から送られてきた書類の中に、住宅金融支援機構の「現在事項一部証明書」が入っており、ここには、理事長と副理事長と代理人の名前が書いてあります。
このうち理事長の名前を書けばいいのでしょうか。
ちなみに、銀行から一緒に送られてきた書類で法務局に提出することになる「抵当権解除証書」と「委任状」にはいずれも代理人の名前のみで、理事長や副理事長の名前は書かれていません。
理事長、副理事長、代理人、いずれの名前を書けばよいか、また書く形式があるのであればそれも含めて教えてください。
すみませんが、宜しくお願い致します。

申請方法を間違えたら二度と抹消関係書類の発行をしてくれませんので、少しでも不明な点があるのでしたら、書類一式を持って法務局へ行き、説明を受けながら申請してください。
の回答が正解とは限りませんよ。

2012/3/30 21:33:56

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から借りた住宅ローンを完済したところ、特約火災保険の解約をどうするかという案内が届いたのですが、どうすべきでしょうか?住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から借りた住宅ローンを繰り上げ返済で完済しました。
すると「住宅金融支援機構特約火災保険 契約の取り扱いに関するご案内」というものが届きました。
要は、住宅ローンを完済されたので、特約火災保険をどうするか、解約するか、契約を満期まで続けるか 決めてくれということです。
火災保険は契約期間が15年残っています。
合わせて付加した地震保険は5年ごとの契約なので、間もなく保険期間は終了になるようです。
私的には、住宅ローンに関係なく火災保険、地震保険には一定額入っておきたいと思うのですが、この特約火災保険を継続したほうが良いのでしょうか?または、あらためて火災保険、地震保険に入り直したほうが良いのでしょうか?わざわざ解約の案内が届いたので、どうしたものかわからず質問させていただきました。

今契約している火災保険、保険料だけ云ったらメチャ安の筈です。
付替えを考えて アチコチ見積りを取ってみれば判りますが、今の保険料水準と比べたら 高くてビックリしますよ。
今の特約火災と付替えを検討する保険の 補償内容をよく比較して、不安があるようなら 付替えも選択肢ですね。
一口に比較といっても なかなか大変ですが、その価値はあります。

2013/1/19 09:31:00

住宅金融支援機構のフラット35の審査ではCICを参照しますでしょうか?受付窓口(銀行・信用金庫)等ではなく住宅金融支援機構での審査時です。
よろしくお願いいたします。

無論過ぎる質問内容そのもの、真っ先に調査されることでしょう。
「住宅金融支援機構」金融機関、審査機関のひとつですので。

2014/10/15 23:36:06

住宅ローン借り換えについて知り合いの65歳男性 会社員 年収500万円たまたま話する機会があって聞いたのですが95歳までの住宅ローンを組んでいました。
抵当権者 住宅金融支援機構毎月の返済額8万弱 物件価格当時で2000万円 金利がなんと4% 平成9年に購入の新築質問1当時は住宅ローンの金利って4%もあったのですか??それとも95歳までローン組まされてる人なので銀行にぼったくられた?物件は駅からも徒歩10分以上です。
私は昨年 住宅ローン組むならだいたい1.6%と言われたのですが。
質問2ともかく金利高すぎなので、他の銀行に借り換えとかむりですかね?住信SBIとかむりですかね残り1500万円です。
今、ググりましたが同じマンションがちょうど1500万円で出てました。
せめて2.5%まで下がればその人も楽になるのかなあなんて思いまして、質問させていただきました。

20年前の公庫の金利は11年目から4%に上がる仕組みでした。
借り換え出来ればいいですが、雇われなら年齢がネックですね。
当初10年間は2.3%程度の低金利だったはずで、20年で500万しか減っていないのはブラックで借り換えが出来ない、団信保険で支払うつもり、などそれなりの理由があるはずです。

2018/2/16 13:51:41

-住宅金融支援機構

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う