住宅金融支援機構

家を購入しました。フラット35という国の支援機構に申し込みまして、...住宅金融支援機構

11月に住宅支援機構(旧住宅金融公庫)の団信保険料の引き落としがあったのですが、残高不足の為、未払いになってしまいました。
昨夜、その通知が来ていたことに気づいたのですが、今からでも間に合いますか?例えば今日旦那が死んでしまったら、保障はされるのでしょうか?持病を抱えているので、万が一ということもありえるのです。
どなたか教えてください。

おそらく、まだ、間に合うかとは思いますが・・・明日、金融機関に連絡して確認&支払いましょう。
通知というのが、「口座に入金してくれ」と言う内容ならよいのですが、振込用紙が来ていて、その振込期限をオーバーした・・・ということなら、保証がなくなっているかも?いずれにしても、保険が失効していなければ、保険料を納めれば問題ないです。
(仮に、今日死亡しても、明日保険料を支払えばよい。
あくまで、まだ、振り込み可能期間なら、ってことです)明日は、忘れずに、連絡しましょうね。

2013/1/30 23:07:16

住宅金融支援機構のフラット35の2月の金利。
下がりますか?上がりますか?

下がります。
1.48%が濃厚。

2016/1/26 22:21:30

住宅金融支援機構について住宅金融支援機構は、個人への直接融資はしなくなったのですか?一応ホームページを見てみたのですが、財形貯蓄をすれば今も借りられるのですか?無知ですみません…

直接融資はしません。
かならず代理店などの金融機関を通じての申込となります。

2010/10/17 16:01:34

押出ポリスチレンフォーム保温版3種は、透湿抵抗の高いプラスチック(JIS9511)より、防湿層を省略できるとされていますか。
(個人的な考えは別として)よろしくお願い致します。

その通りです。
防湿シートの設置、省略は法定事項ではなく、住宅金融支援機構の融資条件なり、一般的な推奨事項に関わることですから、絶対的なものではありません。
住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書に書かれた、防湿層の省略条件として、『…………………プラスチック系断熱材のうち、建築物断熱用吹き付け硬質ウレタンフォームA種3又はA種フェノールフォーム保温板3種2号、その他これに類する透湿抵抗の小さな断熱材を使用する場合には、防湿材等を室内側に施工して防湿層を設ける。
ただし。




(他の防湿層省略条件に続く)』となっていますので、押出法ポリスチレンフォーム保温板3種は、3種aでも、3種bでも、スキンありでも、スキン無しでも、防湿層は不要となります。
でも他の断熱材と併用するばあいには、その設置位置次第では、防湿そうが必要になる場合がありますので、注意が必要です。

2017/1/26 13:08:28

住宅金融支援機構のCMの音楽って何て曲でしょう?

子供の頃、柱に身長書いたりした?篇CMオリジナル曲作曲者⇒未発表歌手⇒未発表出演⇒内倉憲二、安藤聖説明↓kyokutan.jp/music.phpdataId=20414&kyokutan=%B6%CA%CC%BE%C3%...今日、新居に引越しました篇youtu.be/2nkPztr35F4CMオリジナル曲作曲者⇒未発表歌手⇒未発表出演⇒内倉憲二、安藤聖説明↓kyokutan.jp/music.phpdataId=12711&kyokutan=%B6%CA%CC%BE%C3%...以上です。

2012/1/24 23:30:41

火災保険に関しての質問ですが、今、住宅金融支援機構の特約火災と損保会社の火災保険二つに入っているのですが、二つ契約があるのってどうなんでしょうか?

今の保険は保険会社ごとに約款(支払い対象やその条件)が異なりますので、トラブルの元 ロクな事にはなりません。
また 加入手続きの際には 他の契約の有無を確認することが常識ですから、既に契約が存在していたのなら ここで説明があった筈です。
建物と家財で分かれているのであれば、問題ないと思います。

2014/7/6 09:50:20

フラット35について質問です。
フラット35は適合証明書を交付してもらい、借り入れをするのですが、適合証明書は住宅支援機構に提出して支援機構がお金を貸すのでしょうか。
それとも、普通の銀行でもいいのでしょうか。
流れがわかれば教えて下さい。

「フラット35 手続きの流れ」とかで検索すると分かり易いと思いますが。
住宅支援機構が適合証明書を発行し、それを金融機関に提出することで融資の契約になるんじゃないでしょうか?ただ、一部の金融機関ではフラット35を取り扱っていないこともあるみたいです。
また、フラット35の受付が可能でも金融機関担当者が不慣れだと無駄に時間が掛かるので注意が必要です。

2016/7/14 18:36:23

住宅金融支援機構特約火災保険で屋根のの雨漏り修理は保証されますか?

偶然な事故(風雪災や他物の飛来)が原因であれば支払対象です。
逆に経年劣化や構造上の欠陥が理由であれば支払対象外です。

2013/8/17 18:39:50

宅建の住宅金融支援機構に関してです。
支援方法として、買取型と保証型があると思いますが債務者(高齢者)が死亡時に一括して借入金を返済する制度が、なぜ、買取型となるのかわかりません…買取型は、ローン債権を買い取ることなどを言うと思うのですが…御回答お願いします!>_<補足御回答ありがとうございます!問題文は、全く一緒です!テキストの解説では、「本肢の債務者が死亡時に一括して借入金を返済するという制度は、買取型の場合にだけ設けられているので、本肢は×だ。
」と書いてあります…つまり、テキストでは、保証型ではなく買取型だ!って言いたいんだと思いました>_<そこで、でも買取型って債権を買う仕組みだった気が…って疑問になったんです>_<

【補足】その解説はスルーしてください。
間違った解説です。
解説文も正しく直しておくと「本肢の債務者が死亡時に一括して借入金を返済するという制度は、直接融資業務として設けられているのもので、証券化支援業務(保証型・買取型)の対象ではないため本肢は×だ。
」となります。
高齢者へ融資→生命保険に加入してもらう反面、利息のみ返済し続けてもらい→死亡した時に保険金で元本を返済してもらう、この流れの中に、「証券化支援」の要素はありません。
融資業務そのものです。
①機構の主要な業務である証券化業務、②直接融資業務の中にどんな種類があるか、この2つが試験対策では特に重要ですから、過去問とテキストでしっかり押さえておいてください。
--------------------------------------------------------------質問者さんが疑問を感じたのは「機構は、証券化支援事業(保証型)において、高齢者が自ら居住する住宅に対してバリアフリー工事又は耐震改修工事を行う場合に、債務者本人の死亡時に一括して借入金の元金を返済する制度を設けている。
」→×この選択肢だと思います。
答えが×なので、保証型ではなく「支援事業の買取型」だと思われたのかもしれませんが、正しく直すと、「証券化支援事業(保証型)において」→「直接融資を行う場合として」となります。
つまり、債務者(高齢者)が死亡時に一括して借入金を返済する制度は、直接融資業務であって、そもそも「証券化支援業務」ではないということですね。
質問者さんが指摘されているように、「買取型」でないのはその通りです。

2013/9/25 06:59:52

家を購入しました。
フラット35という国の支援機構に申し込みまして、仮審査はOKでたのですが、本審査を申し込みしたら2週間経ちますが結果が来ません。
これは、混んでるだけなんでしょうか?まさか本審査でやっぱりダメなんてなりませんかね?

住宅金融支援機構に事前審査はありません。
住宅金融支援機構は本審査しかありませんし、本審査で個人信用情報機関の開示や返済比率や物件担保、土地担保、収入、勤続年数、雇用形態、会社の規模、会社の信用性、独立行政法人なので納税の有無、公共料金の支払い履歴などをみて可否をだします。
フラット事前審査と思われているのは、住宅金融支援機構の窓口である金融機関の、この要件なら住宅金融支援機構に出せるという程度の仮審査ですので、住宅金融支援機構の本審査で否決は他の民間金融機関の事前審査とは異なり、本審査での否決は非常に多いです。

2017/2/17 20:35:31

-住宅金融支援機構

© 2020 昭和は良い時代だったとつくづく思う